2021年 8月 4日 (水)

大麻発覚の2週間前、貴源治が見せた「荒い相撲」 執拗な張り手に「さすがにやりすぎ」の声も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大相撲の東十両6枚目の貴源治(24)=常磐山=が大麻を使用していたと、各メディアが2021年7月20日に報じた。

  • 貴源治(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    貴源治(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 貴源治(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

ツイッター「大麻使用」がトレンド入り

   報道によると、貴源治は19日の薬物検査(尿検査)で大麻陽性が判定。聞き取り調査では、大相撲名古屋場所(7月4日~18日)に最中に宿舎近くの道路で歩きながら大麻タバコ1本を吸ったと認めたという。

   貴源治の大麻使用のニュースがインターネットで流れると、SNSで大きな注目を集め、ツイッターでは「大麻使用」がトレンド入りした。

   ツイッターでは「貴源治、なんでだよ」「恩を仇で返してどうする」など相撲ファンの嘆きの声が上がったほか、「貴源治って炎鵬関を脳震盪に追いやった力士だよな」「炎鵬さんに脳震盪させちゃったあの関取ね」「炎鵬をぶっ叩いて脳震盪」など、名古屋場所2日目の炎鵬戦を振り返るコメントも見られた。

   貴源治は7月5日の名古屋場所2日目、東十両5枚目の炎鵬(26)=宮城野=と対戦。立ち合いから貴源治は強烈な張り手を繰り出し、ボクシングのアッパーカットのように下から突き上げるような張り手もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中