2021年 7月 28日 (水)

小山田圭吾の「身内」立て続けに「挑発」→削除・謝罪 「炎上必至」の内容なぜ投稿?識者が分析

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   雑誌インタビューでの「いじめ告白」が物議を醸していた「コーネリアス」の小山田圭吾さん(52)が東京五輪開会式の作曲担当を辞任したが、騒動の炎はその後に発信した「身内」にも飛び火した。

   小山田さんの従兄弟である「肉マイスター」田辺晋太郎さん(42)のツイートに批判が集まったほか、小山田さんの所属バンド「METAFIVE」メンバーのゴンドウトモヒコさんが18日にツイートした内容も「炎上」した。

   いずれも世間の声に対して挑発的とも取れる言葉を使っており、のちに削除して謝罪。立て続けに起きた事象に、ツイッターでは一部で「ゴンドウも田辺もツイートする前に叩かれるって想像つかないのかな」といった疑問の声もある。田辺さんやゴンドウさんはなぜこうした投稿をしたのか、その考えられる理由について、J-CASTニュースは識者に意見を聞いた。

  • 田辺晋太郎さん(2016年撮影)
    田辺晋太郎さん(2016年撮影)
  • 田辺晋太郎さん(2016年撮影)

「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました」

   小山田さんが辞任するとの一報が流れた19日夜、田辺さんは「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」とツイートした。これに対し、ツイッターユーザーからは次々と批判が寄せられ、投稿は短時間で削除。さらに田辺さんは、「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪のツイートをしたが批判はやまず、その後アカウントを削除した。

   一連の動きに対し、ツイッター上では「田辺晋太郎は何でわざわざゴーゴー燃えてるところに航空機燃料ぶちまけるようなことしたの?」「余計なこと言わないと気が済まないんですか?どう考えても後から叩かれるの分かるのに」といった、上記の内容をあえて投稿したことへの疑問も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中