2021年 8月 4日 (水)

ドラマ「プロミス・シンデレラ」で三田佳子が存在感 視聴者から好評

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   俳優の二階堂ふみさん(26)が主演の新ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)第2話が2021年7月20日に放送され、俳優の三田佳子さん(79)の上品さが話題になっている。※以下ネタバレあり

  • ドラマ公式サイトより
    ドラマ公式サイトより
  • 三田佳子さんのブログより
    三田佳子さんのブログより
  • ドラマ公式サイトより
  • 三田佳子さんのブログより

過去に恋(?)をしていた成吾と、ついに再会を果たした早梅

   原作は、橘オレコさんによる同名漫画。離婚を機に、無一文、無職、宿無しになってしまった桂木早梅(二階堂さん)が、ひょんなことから性悪男子高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)と出会い、借金返済のため片岡家の豪邸に居候しながらサイコロの目で運命が決まる「リアル人生ゲーム」に挑戦するというストーリー。

   三田さん演じる悦子は壱成の祖母であり、高級旅館「かたおか」の大女将という役どころ。仕事のない早梅に旅館の仲居の仕事を紹介した張本人で、こうした経緯から早梅は仲居仲間から若旦那のお嫁候補だとして警戒されてしまうように。しかし悦子は「早梅さんさえよければ、女将になる?」と、真面目な働きぶりを受けてむしろ乗り気なのだった。

   一方、自分が連れてきた早梅を兄・成吾(若旦那・岩田剛典さん)に取られる気がして面白くない壱成。ある日、悦子から自宅に飾る新しい掛け軸を旧館の物置から出しておくよう頼まれると、「肝試し」ゲームを思いつく。「出る」とウワサの旧館の物置に、早梅を侵入させ自身はスマホカメラで自宅から指示...という計画だったが、どうも早梅の気分が優れず、なんとその場で倒れ、動けなくなってしまう。

   すると、壱成は急遽現場へ急行。早梅を救い、旅館ロビーで休ませていると、そこへ成吾が登場する。実は、成吾と早梅は昔関係があった(?)仲。2人の再会に、壱成はますます面白くなくなる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中