2021年 9月 20日 (月)

安住紳一郎が明かす、五輪取材の「過酷な舞台裏」 トイレは男女共同、個室は1つだけ...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   TBSの安住紳一郎アナウンサー(47)が、五輪取材の舞台裏をラジオ番組で明かした。

  • 安住紳一郎さん(ツイッターアカウント@nichiten954より)
    安住紳一郎さん(ツイッターアカウント@nichiten954より)
  • 写真左、国立競技場前特設スタジオ(J-CASTトレンドが2021年7月に撮影)
    写真左、国立競技場前特設スタジオ(J-CASTトレンドが2021年7月に撮影)
  • 安住紳一郎さん(ツイッターアカウント@nichiten954より)
  • 写真左、国立競技場前特設スタジオ(J-CASTトレンドが2021年7月に撮影)

民放は1区画を5局で使用

   TBSの東京五輪放送で総合司会を務める安住アナは、2021年8月1日の「安住紳一郎の日曜天国」(日曜天国、TBSラジオ)で、「感染拡大を抑えるために私は国立競技場にすら入ってはおりませんけれど」としつつ、取材の拠点である「国立競技場前特設スタジオ」の裏事情を語っている。

   安住アナによると競技場前には放送局向けの準備室が、200区画ほど団地のように設置されているといい、「そこに店子がいっぱい入ってる」状態だという。

   うち150区画ほどは、IOCとの契約で巨額の放送権料を支払う米テレビ局・NBCが使用。日本の放送局ではNHKが15区画ほど、民放5局は1区画を共同で使用しているという。

   これに、民放局アナウンサーという立場から安住アナは、

「狭い!狭うございます!」

と冗談めかしてこぼした。

   続けてトイレについて、TBS・テレ東・フジテレビの3社で個室ひとつのみ、さらには男女共同となっていることを明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中