2021年 9月 26日 (日)

五輪2冠の橋本大輝は「人間性も金メダル」 先輩・内村航平へのリスペクトに「感動もらいました」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪男子体操で2冠を達成した橋本大輝(19)の「人間性」に称賛の声が相次いでいる。

   男子種目別鉄棒決勝が2021年8月3日に有明体操競技場で行われ、15.066点をマークして優勝した。個人総合に続いて2つめの金メダル獲得で五輪2冠を達成した。

  • 表彰式の橋本大輝(写真:AFP/アフロ)
    表彰式の橋本大輝(写真:AFP/アフロ)
  • 橋本のインスタより(@hasshii_807)
    橋本のインスタより(@hasshii_807)
  • 表彰式の橋本大輝(写真:AFP/アフロ)
  • 橋本のインスタより(@hasshii_807)

橋本「航平さんをずっと目標にしてやってきた」

   今大会、日本代表チームをけん引した橋本は、個人種目で2つの金メダル、団体では銀メダルを獲得し計3つのメダルを手にした。個人種目の2冠は、84年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司以来37年ぶりの快挙だ。

   種目別の鉄棒では、この種目に専念した内村航平(32)が予選でまさかの落下で決勝進出を逃した。橋本にとって憧れの先輩であり、体操界のレジェンドの予選敗退はファンに大きな衝撃を与えた。

   橋本は鉄棒の表彰式後のインタビューで改めて内村への思いを語った。

「航平さんをずっと目標にしてやってきたので、まだ(内村を)越せているか分かりませんけど、間違いなく(内村が)この場にいたら金メダルを取ってくれると思うので、早く追いついて追い越せるように頑張りたいと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中