2021年 9月 23日 (木)

五輪サッカー「奇跡の1枚」に反響 吉田麻也とスぺイン選手のシンクロに「どうしてこうなった」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京五輪・男子サッカー準決勝の試合中、日本代表の吉田麻也選手とスペイン代表のミケル・メリーノ選手の動きが「シンクロ」する瞬間がカメラに捉えられ、話題となっている。

   2021年8月3日に行われた準決勝で日本は53年ぶりとなるメダル獲得をかけてスペインに挑み、延長の末に0-1で敗れた。

  • 男子サッカー日本代表(写真:AFP/アフロ)
    男子サッカー日本代表(写真:AFP/アフロ)
  • 上からメリーノ選手、吉田選手(写真:ロイター/アフロ)
    上からメリーノ選手、吉田選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 男子サッカー日本代表(写真:AFP/アフロ)
  • 上からメリーノ選手、吉田選手(写真:ロイター/アフロ)

「こんな格好になるくらいの激闘だった」

   両者とも無得点で迎えた後半11分。ゴール前でシュート体勢に入ったMFメリーノ選手が、 背後からボールを奪おうとしたDF吉田選手のスライディングで転倒する場面があった。

   話題になっているのは、このときに撮影された写真だ。

   この接触プレーで、2人は左右に別れるようにしてフィールドに転がった。その際、瞬間的に2人が揃って頭と膝を地面につき、足先が宙に浮いた体勢に。まるでアルファベットの「N」の形のような格好となった。

   2人の体勢がシンクロしたような瞬間は、現地報道陣のカメラでも撮影された。あるツイッターユーザーが「なんかかわいい」などとしてこの写真を紹介すると、ツイッターでは、

「どうしてこうなった」
「シンクロしてて草」
「両軍ともこんな格好になるくらいの激闘だった」
「笑っちゃいました。日本がんばりましたよね」

といった声が上がった。

   なお同場面について、一旦はPKの判定と吉田選手へのイエローカードが出たものの、ビデオ映像でプレーをリプレイ検証するVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果取り消しとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中