2021年 9月 22日 (水)

「礼儀もなくマナーもない」韓国で怒りの声 五輪女子バレー、ブラジル応援団の観戦マナーが物議

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

    東京五輪女子バレーボール準決勝の応援をめぐり、韓国ネットでブラジルの「マナー違反」を指摘する声が殺到している。複数の韓国メディアが2021年8月7日に伝えた。

    東京五輪女子バレーボール準決勝が7日に東京・有明アリーナで行われ、韓国代表はブラジル代表に0-3のストレート負けを喫した。

  • ブラジル戦でアタックする韓国選手(写真:AP/アフロ)
    ブラジル戦でアタックする韓国選手(写真:AP/アフロ)
  • スタンドのブラジル応援団(写真:ロイター/アフロ)
    スタンドのブラジル応援団(写真:ロイター/アフロ)
  • ブラジル戦でアタックする韓国選手(写真:AP/アフロ)
  • スタンドのブラジル応援団(写真:ロイター/アフロ)

注目の一戦は韓国で高視聴率を記録

    決勝進出がかかった一戦は韓国国内で大きな注目を集め、朝鮮日報(日本語WEB版)によると、地上波放送局3社(KBS、SBS、MBC)が中継し、全国基準で視聴率38.1%(ニールセン・コリア調べ)を記録したという。

    地元メディアの報道によると、この試合におけるブラジル応援団の「マナー違反」に対して韓国のインターネットで非難の声が上がっているという。

    韓国放送局MBNは、ブラジルサイドのスタンドに五輪関係者の身分証明書であるADカードを首にかけた約40人が集まり、ブラジルチームを応援していたと指摘している。

    応援団はブラジル選手が得点した際に踊ったり、叫びながら国旗を振る姿があったりしたとし、声を発しての応援は東京五輪プレーブックに反する行為だとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中