2021年 9月 19日 (日)

五輪取材で「サムライマック」にハマった英紙記者 帰国で別れ惜しむ「深い悲しみだ」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京オリンピック取材を終えて帰国する海外記者が、日本で食べた料理との別れを「大きな悲しみ」と表現している。

   それは名前からしていかにも日本的な一品だった。マクドナルドの「サムライマック」だ。

  • 五輪でサムライマックを知った?
    五輪でサムライマックを知った?
  • サムライマックとの別れを惜しむツイート
    サムライマックとの別れを惜しむツイート
  • 五輪でサムライマックを知った?
  • サムライマックとの別れを惜しむツイート

寿司でもそばでもラーメンでもなく

   英紙「デイリーメール」のオリバー・ホルト記者は2021年8月9日、

「今日東京を離れることは大きな悲しみだ。まもなくサムライマックに別れを告げようとしている(編集部訳、以下同)」

   とマクドナルドの「サムライマック」の画像と共にツイートした。

   ビーフを2枚重ね、醤油風のソースを用いて味付けをしたハンバーガーで、日本では21年4月からレギュラーメニューになっている。

   五輪期間中は会場の様子をツイッター上でリポートし続けていたホルト記者だが、離日の日に突然食べ物をアップ。海外のユーザーから

「寿司やそばやラーメンではないの?」

   とリプライで突っ込まれたりもしているほか、日本のユーザーもホルト記者のツイートに

「ある意味日本をよく分かっているのかもしれない」
「そんなに美味しいのか」

   などと反応していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中