2021年 9月 19日 (日)

「2回目の特別給付金」騙る詐欺メール横行 総務省も注意喚起「決してアクセスしないで」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   総務省を騙った巧妙な詐欺メールが送られているとして、ネット上で注意喚起の動きが広まっている。

   2回目の特別定額給付金を受けられるという嘘の記述に基づき、個人情報などを入力させようという内容だ。2021年8月18日現在、日本において特別定額給付金の再支給は予定されていない。

  • 詐欺メールに流用された「特別定額給付金」の公式画像(京都・京丹波町公式サイトより)
    詐欺メールに流用された「特別定額給付金」の公式画像(京都・京丹波町公式サイトより)
  • 詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
    詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
  • 詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
    詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
  • 詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
    詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
  • 詐欺メールに流用された「特別定額給付金」の公式画像(京都・京丹波町公式サイトより)
  • 詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
  • 詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト
  • 詐欺メールのリンク先、偽の特設サイト

「個人情報根こそぎ持っていく気」

   特別定額給付金は、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として2020年に実施されたもの。国民1人当たり10万円を給付。申請方式は郵送またはオンラインで、東京都はほとんどの市区町村で8月末ごろが申請期限日となっていた。

   この給付が再度おこなわれるとした詐欺メールが、翌21年になって大きな注目を集めている。きっかけとなったのは、あるツイッターユーザーの8月17日のツイートだ。

   受信したメールのスクリーンショットを添付し、投稿文で「なんかどえらい詐欺メールきたんだけど 手がこみすぎてて騙される人いるかもしれない 個人情報根こそぎ持っていく気やで」とつづった。

   総務省の名前で届けられたメールは、「[お知らせ]二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」と題し、偽の特設サイトに誘導しようとするもの。メール本文では総務省の公式画像を流用し、リンク先の偽サイトの名前を公式と同じ「ぴったりサービス」にするなどして信憑性を高めようとしている。

   偽サイトには氏名や生年月日、クレジットカード番号などの入力項目があり、さらに運転免許証など個人を証明できる書類の提出が求められる。

   詐欺メールに注意喚起を呼び掛けるこの投稿は、18日夜時点で6万7000件のリツイート、4万6000件の「いいね」が寄せられるなど注目を集め、ツイッターでは

「いや 凄いわこれ ぱっと見た感じ騙されるわ」
「こわいなぁ、手の込んだのが増えてる」
「クオリティーが高すぎて、わかった上で見ても騙されそうになる」

といった反応が寄せられている。

   同様の詐欺メールが届いたのは、この投稿をしたユーザーだけではない。ツイッターで調べると、少なくとも20人以上が受信したことを報告していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中