2021年 9月 21日 (火)

BBQ客が堤防破壊、ブロックを台座代わりに 「絶対にやめてください」河川事務所が激怒した理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   高知県南国市物部の土佐くろしお鉄道・物部川橋梁の下で、堤防のブロックを剥がし、バーベキューの台座に使っていたグループがいると、国交省の高知河川国道事務所がツイッターで使用後の写真を投稿した。

   夏休みに入って、バーベキューのマナー違反が相次いでいるが、今回は器物損壊などの可能性がある悪質なケースだ。同事務所では、刑事告訴などはまだ考えていないとしながらも、県警に情報提供したことを明らかにした。

  • バーベキューの台座に使われたブロック(高知河川国道事務所のツイッターから)
    バーベキューの台座に使われたブロック(高知河川国道事務所のツイッターから)
  • ブロックはL字型などに剥がされていた(高知河川国道事務所のツイッターから)
    ブロックはL字型などに剥がされていた(高知河川国道事務所のツイッターから)
  • バーベキューの台座に使われたブロック(高知河川国道事務所のツイッターから)
  • ブロックはL字型などに剥がされていた(高知河川国道事務所のツイッターから)

バーベキューで出たゴミも一緒に放置された

   橋梁の下の草が生える斜面にコンクリートブロックがあり、その一部がL字型などになくなっている。そして、その近くの河川敷には、バーベキュー後に放置されたゴミとともに、ブロックが5つ置き去りにされていた。

   これらの写真は、高知河川国道事務所の公式ツイッターで2021年8月19日に投稿された。

   ツイートでは、ブロックを台座に使った人たちがいたとして、「ブロックは堤防の一部であり、水害から住宅地を守る大事な役割をしています。各地で水害が発生し、物部川周辺でも雨が続いているような状態です。このようなことは絶対にやめてください」と訴えている。

   この投稿は、2万5000件以上もリツイートされ、「これは本当にない」「最近マナーの悪い人間増えたな...」「刑事事件として扱って貰った方がいい」といった声が相次いでいる。

   国道事務所の河川管理課は20日、バーベキューに使われたブロックを職員が見つけたのは、16日の10時ごろだったとJ-CASTニュースの取材に答えた。グループがバーベキューをしていたのは、14、15日の土日ではないかという。ブロックは、斜面から8個剥がされていたといい、L字型など2か所で被害に遭ったのは、外しやすいところを選んだのではないかとみている。

   ブロックを剥がしたグループは、ライブカメラなどで特定できているのだろうか。この点について、河川管理課は、取材に対して、こう答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中