2021年 9月 26日 (日)

コロナワクチン集団接種のため「全店休業」 スーパーのチラシに反響、決断の理由を社長に聞く

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスのワクチン集団接種を従業員が受けるとして、新潟県佐渡市内の食品スーパー「フレッシュマツヤ」が日曜日を「全店休業日」と知らせるチラシを配布していたと、ツイッターで反響を呼んでいる。

   「マツヤの従業員も佐渡市の職域接種の対象としていただけました」。そのお知らせは、こんな書き出しで、特売品などを並べたチラシの右下に出されていた。

  • 集団接種に合わせて全店休業に(写真はイメージ)
    集団接種に合わせて全店休業に(写真はイメージ)
  • 全店休業日を知らせるチラシ(写真は、スーパー·サワネダンゴ·マシン@sadosawanedangoさん提供)
    全店休業日を知らせるチラシ(写真は、スーパー·サワネダンゴ·マシン@sadosawanedangoさん提供)
  • 集団接種に合わせて全店休業に(写真はイメージ)
  • 全店休業日を知らせるチラシ(写真は、スーパー·サワネダンゴ·マシン@sadosawanedangoさん提供)

「トップの判断がスゴイ」

   そこでは、「従業員とお客様の安全のため、ワクチンの接種を優先」したとして、2021年8月22日の日曜日を全店休業日としたと説明している。

   そして、翌日の23日月曜日について、「従業員が少ない状態で営業するため、商品・サービスに不足があるかもしれません。なにとぞご容赦ください」と記している。

   しかし、その分、休業前日の20、21日については、「しっかり販売させていただきます」として店の利用を呼びかけていた。

   このチラシの写真が、ツイッターで22日に投稿され、2000件以上もリツイートされている。スーパーに好意的な声は多く、「日曜日に全店休業って、トップの判断がスゴイ」「誠実さが強く感じられますね」「応援したくなる企業だわ~」などとリプライが寄せられている。

   スーパーの集団接種について、佐渡市の市民生活課は23日、市が職域接種として行っている大規模接種のことを指すとJ-CASTニュースの取材に説明した。

「一般的に職域接種と言えば、1000人以上の企業や大学などが事業主体になってやりますが、佐渡は離島で小さい企業しかありませんので、市が主体となって集団で接種を受ける機会を設けました。優先接種リストを作り、高齢者施設や島外からの客に接する観光業、不特定多数と接触するスーパーなどのサービス業が今回の対象になりました」

   市の公式サイトや商工会などを通じて、企業などから接種の申し込みを受け付けた。会場は佐渡市総合体育館で、1回目の接種は、すでに7月31日、8月1日の土日に済ませた。8月21、22日には、2回目の接種を行った。チラシを出したスーパーも、従業員が2回目を受けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中