2021年 9月 19日 (日)

大谷翔平「お化けスライダー」にファン衝撃 まるでフリスビーの軌道に「過去一だった」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は2021年8月25日(日本時間26日)、敵地ボルティモアでオリオールズ戦に先発登板した。

   5回4失点で9勝目はならなかったものの、投球で見せたスライダーが「お化けみたいだった」と話題を呼んでいる。

  • 大谷翔平選手(2017年撮影)
    大谷翔平選手(2017年撮影)
  • 大谷翔平選手(2017年撮影)

米アナリストも「フリスビースライダー」と評価

   この日の大谷選手は初回から2本のソロ本塁打を浴びる不安定な立ち上がり。4回には5番スチュワートに2ランホームランを打たれ、最終的には5回4失点で降板。チームがリードしていたため9勝目の権利を持っていたが、8回に中継ぎが逆転を許し、勝利は消えた。打撃面では4打数無安打3三振で、6回の打席でベンチに退いた。

   投打ともに振るわなかった大谷選手だが、投球では変化球が光った。スライダーやスプリットを駆使し、7つの三振を奪った。中でも5回、2番マウントキャッスルに対しては、ストライクゾーンから外角ボールゾーンへ大きく曲がるスライダーを投じ、空振り三振を奪った。米野球アナリストのロブ・フリードマンさんは、ツイッターでこのスライダーを「フリスビースライダー」と表現している。

   この投球以外にも、大谷選手はキレのあるスライダーを多投。日本のツイッターユーザーからは「いつもよりスライダーがえぐい気がする」「スライダーのキレ過去一だった」「ぐにゃぐにゃ曲がる」「お化けみたいだったなあ」と驚く声が聞かれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中