2021年 9月 23日 (木)

推しの引退に「卒業ソング」自作したら... 乃木坂ファンの愛が生んだ、奇跡のような実話とは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2021年9月4日で「乃木坂46」を卒業する大園桃子さんに向けて、オリジナルの「卒業ソング」を送ったロックバンドが注目を集めている。

   大の乃木坂ファンだという川口タイガー祐介さんがボーカルを務める名古屋のバンド「TAWAKE」だ。大園さんの卒業を受けて、彼女への思いを込めた自作曲「別れたくないよ」を発表。乃木坂ファンの間で話題になっている。

   なぜ曲を作ろうと思ったのか。J-CASTニュースが川口さんに聞いた。

  • 27thシングル「ごめんねFinfgers crossed」をもって大園桃子さんが乃木坂46を卒業、それにファンのバンドが応えた
    27thシングル「ごめんねFinfgers crossed」をもって大園桃子さんが乃木坂46を卒業、それにファンのバンドが応えた
  • 27thシングル「ごめんねFinfgers crossed」をもって大園桃子さんが乃木坂46を卒業、それにファンのバンドが応えた

共演のオリラジ藤森も反応

   大園さんは、鹿児島県出身、2016年9月4日に3期生として乃木坂46に加入した。加入後のシングル11作のうち8作で選抜メンバーに選ばれていたが、21年7月4日にグループからの卒業が発表された。3期生からは初の卒業者で、卒業と共に芸能界も引退する。

   大園さんが参加するラストコンサートとなった8月22日の「真夏の全国ツアー2021」福岡公演(マリンメッセ福岡)では卒業セレモニーが行われた。この日に合わせてYouTubeで公開されたのが、「TAWAKE」の作った大園さんへの楽曲「別れたくないよ」だ。

   楽曲はアコースティックギターの演奏にのせて、ファン心理を象徴するようなフレーズが歌われる。「日曜日の夜空」という「らじらー!」を連想させるワードが序盤にあり、歌が進むと次第に別れを思わせる言葉が増えていく。

   途中「サヨナラに強くなれないよ」というフレーズは、乃木坂46の「サヨナラの意味」へのリスペクト、「あなたのいない坂道」は大園さんの卒業後のグループを意識しているようだ。終盤には別れを受け止めて「いつかまた逢う日まで」で締める。

   楽曲のミュージックビデオ(MV)では、乃木坂ファンから募ったメッセージが次々と紹介されていく。男女さまざまなファンが、ボードに書いたメッセージと自撮りで大園さんを応援できた感謝を伝え、今後の人生の幸福を祈っている。様々なメッセージが映像が進むにつれて流れていく。

   こうしたMVが公開された当日には、大園さんとレギュラーラジオ「らじらー!サンデー」で共演しているオリエンタルラジオの藤森慎吾さんもツイッターで「桃子に伝えましたよ」と動画に反応した。

   さらに藤森さんは、大園さんの卒業を受けて収録した27日公開のYouTube動画のエンディング曲にも、「別れたくないよ」を使っていた。こうした藤森さんの対応に、TAWAKEのバンドメンバーも、

「こんなに奇跡の連鎖が続くなんて想像もしてなかったすよ、慎吾兄さん!笑」

とツイッターで喜びを表していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中