2021年 9月 20日 (月)

「テレワーク専用車両」JR東海がついに導入 普通と何が違う?そのメリットとは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ禍で需要が減ったとはいえ、それでも多くのビジネスパーソンが利用する東海道新幹線。そうした乗客をターゲットにした新サービスをJR東海が発表した。新幹線でのテレワークを支援する「S Work 車両」だ。

  • 東海道新幹線のグリーン車
    東海道新幹線のグリーン車
  • ビジネスパーソン向けの設備が整備される新大阪駅
    ビジネスパーソン向けの設備が整備される新大阪駅
  • 東海道新幹線のグリーン車
  • ビジネスパーソン向けの設備が整備される新大阪駅

マウスやUSBアダプタを貸出

   JR東海は2021年8月26日「S Work車両」の設置など、駅・車内のビジネス環境を整備することを発表した。

   のぞみ7号車に、モバイル端末などを気兼ねなく利用できる「S Work車両」を設置する。「S Work車両」はEXサービス(エクスプレス予約・スマートEX)専用商品として発売。価格はEXサービスで普通車指定席を予約する場合と同額になる。開始時期は10月1日(予約開始は9月1日)からだ。

   なおN700Sの「S Work車両」では東海道新幹線区間において、膝上クッション・簡易衝立・PC用ACアダプタ・USB充電器・小型マウスを貸し出す。

   またN700Sの7号車(普通車)、8号車(グリーン車)で新しいWi-Fiサービス「S Wi-Fi for Biz」を導入。従来の約2倍の通信容量を備え、利用時間の制限などは設けない。またビジネス利用を考慮し、暗号化を設定する。

   N700S車内への「ビジネスブース」の試験導入も注目に値する。7・8号車間(デッキ部)の「喫煙ルーム」を改造。打ち合わせなどで利用できる「ビジネスブース」を一部編成に設ける。このビジネスブースは2022年春以降、順次導入とのことだ。

   駅の改良では9月以降、東京、名古屋、新大阪駅の一部の待合室に無料の半個室タイプのビジネスコーナーとコンセントポールを整備する。その他、EXサービス会員向けとしてワークブースやワークラウンジなどを設置する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中