2021年 12月 1日 (水)

ワクチン2回接種で「2万人に食事券1万円分」 愛知県「若者向け」に大盤振る舞い、施策意図を聞く

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   愛知県が若年層の新型コロナウイルスワクチン接種を促進するため発表した「抽選企画」が、ネット上で「結構当たりそう」だと話題になっている。

   同様の企画では以前にも「豪華景品」を謳った群馬県の取り組みなどが反響を呼んでいたが、今回は当選人数に注目が集まっている。

  • 愛知県公式サイトより
    愛知県公式サイトより
  • 愛知県公式サイトより
    愛知県公式サイトより
  • 愛知県公式サイトより
  • 愛知県公式サイトより

受付開始は9月下旬予定

   愛知県の抽選企画は、複数のツイッターユーザーによる投稿をきっかけに2021年9月13日頃からネット上で話題となっている。同県のウェブサイトでは3日に「若者への新型コロナワクチン接種を促進します」と題され、下記のように発表していた。

「新型コロナウイルスの感染が急拡大している若い世代に対して、インセンティブを付与する取組を実施することでワクチン接種を促進します」

   対象者は、10月末までに2回のワクチン接種を完了した県内に居住する20代、30代。抽選で2万人に「ニューあいちスタンダード(通称あいスタ)の認証店舗で利用できる食事券(1人10,000円分)」が当たるという。

   「あいスタ」とは飲食店における感染対策の徹底強化を図るため、6月に創設された同県の制度。調査員が現地調査を行い、感染防止対策の実施状況を確認したのち、認証ステッカーなどが交付される。認証店は専用ウェブサイトでも確認できる。9月16日時点では8000件超の店舗が認証済み。

   抽選の申し込み期間は9月下旬から11月末日が予定され、インターネットで受け付ける。抽選は12月上旬に実施、当選を連絡。食事券の利用期限は22年2月28日まで。さらなる詳細が決まり次第、サイトでお知らせするという。

   同県の抽選企画にツイッターでは、

「2万人って結構当たりそう」
「おぉ!!忘れず応募しなきゃ!!」
「これかなりよいのでは、、、?」
「予算すごいな....」

といった声が上がっている。

   当選人数はどのような意図を持って設定されたのか? J-CASTニュースは企画を担当する愛知県・感染症対策課に取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中