2021年 10月 23日 (土)

騒音報道YouTuberが「怒りの謝罪文」 誹謗中傷に反撃宣言も...「反省してる?」賛否広がる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   深夜のコンビニ前での騒音トラブルが報じられた5人組グループYouTuber・コムドットのリーダー・やまとさんが、グループへの誹謗中傷を諌めるコメントをツイッターで発表した。

  • コムドットのインスタグラム(@com.youtuber)より。リーダーのやまとさんは中央
    コムドットのインスタグラム(@com.youtuber)より。リーダーのやまとさんは中央
  • コムドットのインスタグラム(@com.youtuber)より。リーダーのやまとさんは中央

「言い訳とも捉えられるかもしれません」

   やまとさんは18日、ツイッターに「世の中へ」との短いコメントを添え、黒背景に白文字で書いたテキスト画像を投稿した。

   コムドットは、9月14日発売の週刊誌「FLASH」で、深夜のコンビニ前で騒音トラブルを起こし、警察による職務質問を受けていたことが報じられた。報道を受けてグループは、インスタグラムのストーリーで釈明コメントを発表していた。

   コムドットは6月にも緊急事態宣言下でのYouTuberらによる大規模パーティーへの参加が発覚しており、その際も大きな批判を受けたばかり。

   やまとさんは今回のメッセージの冒頭で、騒音トラブルについて謝罪した。

「まずはじめに 今回の件で、近隣住民の方々、コンビニ関係者の方々に騒音という形で大きな迷惑をかけてしまいました。その点に関して、YouTuberである前に人間として間違ったであったと、100%自分たちに非があると反省しています。近隣の方々、コンビニ関係者の方々、本当に申し訳ありませんでした」

   一方で、自身らへの批判が過熱していることに対しては、「今回の騒動で僕が感じたことを少しだけ書かせてください」「言い訳とも捉えられるかもしれません」などとして、次のように訴えた。

「間違った事をしたのは僕たちですが、間違いを犯した人になら何をしても良いという訳ではないと僕は考えます」

   やまとさんは、コムドットが批判の域を超えた誹謗中傷・殺害予告などの被害を受けていると明かす。そのうえで、ネット上の誹謗中傷が原因となり命を絶った有名人についても触れている。

「僕は今回の件に対する一部の方々の反応に違和感を覚えました。暴力的な言葉を使った誹謗中傷、ファンを攻撃するリプライ、住所特定や僕の家に対するいたずら、殺害予告。これらは本当に必要なことだったのでしょうか? みんな正義感をはき違えてはいないでしょうか? 有名人になら何を言ってもいいのでしょうか? 誹謗中傷の犠牲になった有名人をもう忘れたのでしょうか?」

   やまとさんは、騒音トラブルについては十分に反省しているとした上で、度を越した誹謗中傷などの行為に対しては厳しい対応を取る姿勢を示している。

「僕は自分の犯した間違いを認め、反省しています。しかし、不当な誹謗中傷に対しては徹底的に戦っていくつもりです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中