2021年 10月 17日 (日)

ドランク鈴木拓が「本当に嫌いだった」共演芸人 「いけすかねえなって。逆恨みですけど」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   お笑いコンビ「ドランクドラゴン」鈴木拓さんが、嫌いだったお笑い芸人を告白した。

   2021年9月20日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に出演した際の発言だ。鈴木さんが挙げたコンビの名前に、インターネット上では「さらっと言うな」「ニヤッとしてしまった」などの反応が出ている。

  • 鈴木拓さん(本人のインスタグラム@suzukitaku.drunkdoragonより)
    鈴木拓さん(本人のインスタグラム@suzukitaku.drunkdoragonより)
  • 西野亮廣さん(2016年撮影)
    西野亮廣さん(2016年撮影)
  • 鈴木拓さん(本人のインスタグラム@suzukitaku.drunkdoragonより)
  • 西野亮廣さん(2016年撮影)

「はねトび」は「3カ月にいっぺん出られればいいぐらい」

   番組では、ボクシングのプロライセンスを持っていた父がきっかけで、鈴木さんが幼少期から柔道やプロレス、ムエタイ、ブラジリアン銃出とさまざまな格闘技を身に着けてきたというエピソードが紹介された。

   そんな父の死をきっかけに「好きなことをやろう」と芸人になることを決意したという鈴木さん。1996年に「人力舎」の養成所に入学し、相方・塚地武雅さんとコンビを組んだ。

   コンビ結成から5年後、初のレギュラー番組「はねるのトびら」(フジテレビ系)がスタートする。鈴木さんは「これでドーンときて、生活は一変しましたけど」とする一方で、

「すごい... キングコング嫌いなんですよ、僕」

と発言。というのも、人気メンバーとの格差が激しく、キングコングと比べて鈴木さんは出番が極端に少なかったのだそう。

   番組に呼ばれない間、鈴木さんは同じ境遇だった「ロバート」山本博さんらと格闘技の練習に勤しんでいたとして、

「腐ってました、2人で。ホントにやることなくて。3か月にいっぺん出られればいいぐらいで...」

と振り返る。人気メンバーである「キングコング」が嫌いなことについて、「単純に逆恨みです。キングコングに対しては。申し訳ないです」と開き直るのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中