2021年 10月 23日 (土)

MVで「旭日旗」連想、日本の人気音楽グループが謝罪 政治性ゼロも「完全に私達の過失です」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本の音楽グループ「Mili」(ミリー)は2021年9月27日、2月にYouTubeで公開した楽曲のMV(ミュージックビデオ)に「旭日旗」と類似したイラストが含まれていたことについて声明を発表した。

   グループは「どこかの政治的な旗を表現するつもりは一切ありません」としつつ、「旗との類似点に気づかずに動画を公開したことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

  • 「旭日旗」と類似指摘で音楽グループが謝罪(Miliの「Iron Lotus」MVより)
    「旭日旗」と類似指摘で音楽グループが謝罪(Miliの「Iron Lotus」MVより)
  • 「旭日旗」と類似指摘で音楽グループが謝罪(Miliの「Iron Lotus」MVより)

「回転する赤い放射線はその旗の赤い放射線に似ているのは事実」

   Miliは12年結成。カナダ人女性ボーカリストのCassie Weiさんと日本人4人による音楽グループで、国内外に幅広いファンを持つ。17、18年には大型フェス「SUMMER SONIC」に出演。20年にはアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」のエンディング曲を担当した。

   今年2月には楽曲「Iron Lotus」のMVを公開。内容は丸々とした白いキャラクターが、蓮の花の舞台上でコミカルなダンスを踊るというものだった。

   動画公開から7か月後、グループは公式ツイッターで声明を発表。「ミュージックビデオ『Iron Lotus』のサムネイル画像及び特定のシーンがとある政治的な意味を示す旗と似ていると、視聴者からの声が届きました」とした。

   実際の動画を観ると、キャラクターがダンスを踊っている背景で、赤い放射線状のイラストが回転するシーンがある。このイラストについて、動画のコメント欄には、ハングルで「旭日旗」との類似性を示すコメントが書き込まれていた。

   Miliは声明の中で、イラストについて「その様な旗を表現していません。動画のどの部分も、どこかの政治的な旗を表現するつもりは一切ありません。旗に結びつく政治的な意味は御座いません」と説明。その上で、

「動画の回転する赤い放射線はその旗の赤い放射線に似ているのは事実です。完全に私達の過失です。現実的な政治と全く関係ありませんが、その旗との類似点に気づかずに動画を公開したことをお詫び申し上げます。視聴者に動画と繋がりのない問題を想起させてしまったのは、私達の無知と不注意でした。申し訳ございません」

   と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中