2022年 5月 19日 (木)

狛江市「若年層ワクチン接種促進」サイト、デザインに称賛「訴求力ある」 制作意図は?市に聞いた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「会場は居酒屋ではなく『サテライトオフィス』」

   30日、J-CASTニュースの取材に応じた狛江市・新型コロナ予防接種室の担当者は、ネット上の反応を受け、「狙ったターゲットに響くことが目的だったので、大変喜ばしく思います」と話す。

   今月17日に発表された本プロジェクトは「対象者の気持ちになって、何を求めているか?等の把握をすること」に注力していると担当者は伝えた。

   市内に「予約不要」の接種会場を設けて接種のハードルを下げ、特設サイトで具体的な目標数値を公開することなどでワクチン接種の「見える化」を進めてきた。また店主ポスターは「狛江市民の"まちへの帰属意識"の高さ」に訴えて「じぶんごと」にしてもらう意図があるという。

   プロジェクト実施による若年層ワクチン接種率の推移は、「実施直後なので、比較はできません」としながら、「できる限りこのプロジェクトに御参加いただけるよう周知していきます」と意気込む。

   なお27日のサイト更新では予約不要の接種会場を2箇所増設すると発表があった。新たな実施場所のうち「SAKE-YA喜多見」について、ネット上では店名から「居酒屋」が会場とされたかのように受け取る声が上がっている。これに担当者は「少し間違えた表現が先行している」と注意喚起し、

「会場は居酒屋ではなく、そこに併設された『サテライトオフィス』となります」

と訴える。同店は狛江市と小田急SCディベロップメント(東京都新宿区)の協業施策・第2弾として「『職×食×住』近接の新しいワーク&ライフスタイル」を提案する形でオープン。「醸造所付きレストラン」「酒屋」「オフィス」の複合業態を持つ。

   実施場所に至るまでには飲食店部を通過することになるが、あくまで接種はオフィス部分の「サテライトオフィス狛江City」で行われるとする。

「接種を迷っていたらぜひ様子みに来てください。相談だけでもいいです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中