2021年 10月 23日 (土)

徳永有美アナの報ステ&ABEMA「兼任」は「左遷」なのか? 人事の意味、識者はこう見る

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   フリーアナウンサーの徳永有美さん(46)が2021年10月6日からインターネット動画配信サービス「ABEMA」のニュース番組「ABEMAヒルズ」のキャスターに就任することが9月30日に発表された。

   同番組は月~金曜日の放送で、徳永アナは、現在水・木曜日を担当しているテレビ朝日の田中萌アナウンサー(30)に代わってこれらの曜日を担当。徳永アナはABEMAを運営するAbemaTVの大株主であるテレビ朝日「報道ステーション」の月~水曜日を担当しており、両番組を兼任することになる。ただ、報ステは10月から金曜日のみを担当することになると発表されたためか、今回の兼任発表については、「ABEMAはていのいい左遷先」と、その人事を不安視する声がインターネットで上がっている。

  • 徳永有美アナウンサーのインスタグラムから
    徳永有美アナウンサーのインスタグラムから
  • 徳永有美アナウンサーのインスタグラムから

小川彩佳アナという前例

   というのも、報ステからABEMAという流れは、兼任こそなかったものの、現在フリーアナウンサーとして活躍する小川彩佳さん(36)が通った道。小川さんは18年9月まで報ステでキャスターを務めていたものの、同年10月からはAbemaTV(当時)の「AbemaPrime」に移籍した。しかし、わずか5カ月後の19年3月にはテレビ朝日を退社し、フリーランスに。その後、同年6月からは「NEWS23」(TBS系)でメインキャスターを務めている。

   つまり、小川アナはAbemaTVに移籍後ほどなくしてテレビ朝日を退社してしまっているのだ。このため、徳永アナに対しては「兼任は、報ステを抜ける布石か?」といった声も上がるなど、今後を不安視する声は多い。

   そこで、J-CASTニュース編集部は20年以上女性アナウンサーを見続けてきたライターの松本京也氏に、今回の徳永アナの兼任が意味するところについて見解を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中