2021年 10月 28日 (木)

吉田麻也が「差別的ジェスチャー」に激怒 現地サポの行為に批判相次ぐ「リスペクトなさすぎ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選が2021年10月7日(日本時間8日)に各地で行われ、日本は敵地ジッダでサウジアラビアと対戦し0-1で敗れた。痛恨の黒星を喫した日本はこれで最終予選1勝2敗となり勝ち点「3」は変わらず、本戦出場が危機的状況となった。

  • 吉田麻也選手(写真:AFP/アフロ)
    吉田麻也選手(写真:AFP/アフロ)
  • 吉田麻也選手(写真:AFP/アフロ)

スタンドに歩み寄りサウジサポーターに激怒

    前半を0-0の同点で折り返した日本は後半26分、MF柴崎岳(29)がDF吉田麻也(33)に送ったバックパスを相手FWに奪われゴールを決められた。先制点を許した日本はその後チャンスを作るもののゴールが遠く、得点することが出来なかった。

    試合終了直後、スタンドのサウジアラビアサポーターが沸き上がるなかで日本代表選手へのインタビューが設定され、主将の吉田がマイクスタンドの前でスタンバイしていた。

    視線をスタンドに向けてインタビュー待ちしていた吉田は、スタンドの観客の言動に反応し、スタンドへ歩み寄った。吉田は柵越しにスタンドのサポーターに向けて指を突き刺し激怒。関係者に制止され、なんとかその場を離れたものの、吉田の怒りは収まらない様子だった。

    スポーツ各紙の報道によると、吉田はサウジアラビアサポーターによる「差別的ジェスチャー」があったことを明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中