2021年 10月 28日 (木)

3日間2万2000円で乗り放題も! JR西・九州・中国で「破格フリー切符」続々...需要回復なるか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2021年9月30日をもって緊急事態宣言が全国で解除されたことに伴い、観光・運輸業界では需要回復への期待が高まっている。

   JRではJR西日本・JR九州が破格ともいえるフリー切符を展開、JR四国もデスティネーションキャンペーンに伴って四国乗り放題の切符を発売した。

  • 画像はJR西日本の貴重な国鉄型特急「やくも」
    画像はJR西日本の貴重な国鉄型特急「やくも」
  • 画像はJR西日本の貴重な国鉄型特急「やくも」

新大阪~博多往復より安くJR西日本乗り放題

   JR西日本は10月8日に「JR西日本 どこでもきっぷ」「JR西日本 関西どこでもきっぷ」を発売する。いずれもフリー切符で前者はJR西日本全線と智頭急行線、後者は近畿エリアと岡山・鳥取エリアの路線が新幹線・特急も含めて乗り放題(普通車指定席利用の場合は6回まで)で、各地のサービス施設やバス・船舶の割引などの特典がついている。

   最も高値の「JR西日本 どこでもきっぷ」3日間用でも大人2万2000円でJR西日本全線を乗り放題だが、これを通常運賃と比較すると山陽新幹線の新大阪~博多間の普通車自由席片道運賃が1万4750円であるから、新大阪~博多間の往復だけで元が取れてしまう。

   この2つの切符は今春に発売予定で内容のアナウンスもされていたが、西日本での緊急事態宣言の延長を受け発売見合わせとなっていた「幻の切符」でもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中