2021年 10月 24日 (日)

徳光和夫「中田翔を出してもらいたい」 V絶望の原巨人に提言「どうせ三振するのなら...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   フリーアナウンサーの徳光和夫氏(80)が2021年10月9日、パーソナリティーを務める「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(ニッポン放送)に出演し、リーグ3連覇が厳しい状況になった巨人について言及した。

  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

徳光氏「奥川逃したのは痛かったな、巨人」

   「朝刊ウォッチング」のコーナーの冒頭で、10月8日の試合で阪神に4-1で勝利したヤクルトに優勝のマジックナンバー「11」が点灯したことを伝え、徳光氏は先発した奥川恭伸投手(20)を大絶賛した。

   徳光氏は「とにかくまだ20歳。フォアボールを出したのが十何試合ぶりとか。本当にコントロールいいもんね。高校時代からコントロール良かった」と惜しみなく称賛を送り、19年のドラフト会議で巨人が1位指名するも当たりを引けなかったことを振り返り「奥川逃したのは痛かったな、巨人」と嘆いた。

   番組ではヤクルトの優勝マジック点灯のニュースに続いて8日に行われた巨人対広島戦の話題に移り、スポーツ紙が巨人のV3は絶望的と報じたことを伝えた。

   徳光氏は「長期ペナントレースですからね。長期戦ってきたんでこのペナントレースを制しないとですね感慨は3分の1くらいなんですよ。クライマックスシリーズ(CS)に勝っても」と持論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中