2021年 10月 23日 (土)

清原和博「18歳の気持ちを踏みにじられた」 36年経ても消えない、ドラフト制度への強い恨み

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   元プロ野球選手の清原和博さん(54)が、ドラフト会議への思いを振り返った。

  • 清原和博さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
    清原和博さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 清原さんのツイッターより
    清原さんのツイッターより
  • 清原和博さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 清原さんのツイッターより

「本当に、ドラフト会議っていうのは残酷です」

   清原さんがドラフト会議について語ったのは、2021年10月9日にYouTubeで公開した「俺はドラフトが嫌いだ!!」との動画だ。

   「いよいよドラフトの季節ですよ」として、今年度の注目選手を紹介していた清原さんだが、話の流れで36年前の清原さんのドラフト会議へ。清原さんは、「本当に、ドラフト会議っていうのは残酷です」と噛み締めるように頷いた。

   「僕はね、いつかね......1985年の、パンドラの箱を開けるときはありますよ。その時に真実を話します」と、近い将来に自身の封印してきた過去を明かす日が来ることを匂わせた。

   スタッフの「重い言葉!キヨさんがパンドラの箱を開ける時が来る!」との言葉には、「やっぱり今でも僕の父親が怒ってるわけですよ。怒ってます」と、今でもドラフトへのわだかまりが残っているとした。

   子供の頃からの熱烈な巨人ファンだった清原さん。清原さんの父は阪神タイガースの大ファンであったこともあり、ドラフトでは巨人と阪神のどちらかへの入団を希望すると公言していた。

   しかし、巨人は清原さんのチームメイトだった桑田真澄さんを1位指名。清原さんは阪神・南海ホークス・日本ハム・中日・近鉄バファローズ・西武ライオンズの6球団から指名を受け、抽選で西武が交渉権を獲得することになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中