2021年 10月 28日 (木)

「ノーマスク集団だらけ」東京地裁前が騒然 反ワクチン訴訟に「500人は集まった」の報告も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスのワクチン特例承認差し止めをめぐる訴訟の第1回口頭弁論が2021年10月12日、東京地裁で開かれ、共同通信などの報道によると、関係者とみられる数百人がマスクを着用せずに集団で庁舎内に入った。

   ツイッターには、訴訟の支援者らが撮ったとみられる動画もいくつか投稿され、その行為については、様々な意見が寄せられている。

  • 東京地裁前に当時は、長い列ができていた
    東京地裁前に当時は、長い列ができていた
  • 東京地裁前に当時は、長い列ができていた

「ワクチンパスポートは断固反対」などとマイクで訴え

   投稿された動画を見ると、雨の中で傘を差した人たちが東京都千代田区内の地裁前に列を作っている。そのほとんどがノーマスクだ。

   報道によると、この日13時30分の開廷に合わせ、庁舎内に入るための手荷物検査が行われて長い行列ができたといい、そのときの様子らしい。

   これらの人たちは、マスクをしないで会話しており、その中を地裁の職員らしき人が時々マスク姿で出て行く様子も映っていた。地裁の入り口前には、立て看板などが置かれ、ノーマスクの男性が傘を差さずに「ワクチンパスポートは断固反対」などとマイクで訴えている。この演説で訴訟関係者の名前が出ると、「頑張れ~」とのかけ声が上がっていた。

   報道では、地裁の職員らが感染予防のため対応に追われ、現場が混乱したという。庁舎1階のロビーや弁論が開かれた法廷のある7階のフロアも、マスクをしない人であふれていたとされている。地裁では、来庁者にマスクを着けるよう呼びかけているが、強制はできず立ち入りも拒めないという。

   大勢の人たちが地裁に集まったことで、ツイッター上では、法曹関係者からも、「何があるんですかね?」「ノーマスク集団だらけになってて恐ろしい」といった声が上がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中