2021年 12月 4日 (土)

梅宮アンナ、父・辰夫さん「黒塗り」看板に悲痛1000字 「涙が出て。悲しくて」「何故顔だけ?」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   タレントの梅宮アンナさんが2021年10月18日、19年に亡くなった父・梅宮辰夫さんが写った看板写真が「黒塗り」されていたとして、自身のインスタグラムで約1000文字にわたり悲痛な叫びをあげている。

  • 梅宮アンナさん(写真:つのだよしお/アフロ)
    梅宮アンナさん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 梅宮アンナさんのインスタグラム(@annaumemiya)より
    梅宮アンナさんのインスタグラム(@annaumemiya)より
  • 梅宮アンナさん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 梅宮アンナさんのインスタグラム(@annaumemiya)より

「余りにも残酷で、余りにも酷い行為」

   この日、梅宮さんが「今日は、余りにも、悲しい出来事をお話しです」(原文ママ)と投稿したのは、「東京都世田谷区内、環八通りに面するビル」を撮影したという写真。左側には「美術品 鑑定 買取」そして会社名が書かれた看板が掲げられており、右側に写る人物の顔部分が黒塗りで隠されている。

   梅宮さんは「余りにも残酷で、余りにも酷い行為に。。。涙が出て。。。悲しくて。。」とつづりながら「顔だけ黒く塗られたのは父です」と報告した。投稿によると、辰夫さんと看板の会社の契約は2020年に終了しており、辰夫さんが他界したことで渋谷区・港区・首都高沿いにあった同様の看板は取り下げられているという。一方、投稿写真のものだけは残っていたことも説明した。

   続いて「私自身がずっと思っていた事がありました。個人的には、写真を見るたび、心は、ほっこりもしますが。。この世に存在しない人は、どうなのかな?と。この様な使い方は、ちょっと。。と。やはり、モノには、限度がありますし」と心境を述べた梅宮さん。

   辰夫さんが所属していた事務所の社長から連絡があり、看板の会社がいまだにチラシやウェブ、看板などで辰夫さんの写真を使用し続けていると、投稿の前週に報告を受けたとも告白している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中