2021年 12月 6日 (月)

「夫の不倫相手」に同居提案 「青天を衝け」渋沢栄一の妻・千代にネット仰天「立派」「絶対無理」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優の吉沢亮さんが渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第31話が2021年10月17日に放送され、俳優の橋本愛さん演じる妻・千代が栄一の妾に同居を提案したことがインターネット上で話題になっている。

  • 橋本愛さん(2016年撮影)
    橋本愛さん(2016年撮影)
  • (左から)橋本愛さん(渋沢千代役)、吉沢亮さん(渋沢栄一役)、高良健吾さん(渋沢喜作役)、成海璃子さん(渋沢よし役)の4人。橋本愛さんのインスタグラム(@ai__hashimoto)より
    (左から)橋本愛さん(渋沢千代役)、吉沢亮さん(渋沢栄一役)、高良健吾さん(渋沢喜作役)、成海璃子さん(渋沢よし役)の4人。橋本愛さんのインスタグラム(@ai__hashimoto)より
  • 橋本愛さん(2016年撮影)
  • (左から)橋本愛さん(渋沢千代役)、吉沢亮さん(渋沢栄一役)、高良健吾さん(渋沢喜作役)、成海璃子さん(渋沢よし役)の4人。橋本愛さんのインスタグラム(@ai__hashimoto)より

妾が妊娠し、千代に報告する

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   前回の放送で栄一は、参加した宴席で女中・大内くに(仁村紗和さん)と出会い、関係を持ってしまう。くには、夫が戊辰戦争に出たきり帰ってこず、なかば未亡人として働く身。元お針子でありながら、栄一の破れた白い靴下を赤い糸で縫ったことから、インターネット上では「奥様へのマウントなんですかね?」「洗濯をするだろう正妻だけ分かるように赤い糸を選ぶ匂わせ女」などと話題を呼んでいた。

   第31話で、栄一はくにからの手紙でくにが妊娠していることを知らされる。意を決したように息を吐くと、千代に対し「お千代。折り入って話をしなければならないことがある」と呼びよせる。

   後日、渋沢邸に身重のくにが到着。千代と対面したくには、羽織っていた上着を脱ぎ捨て「奥様どすか? 堪忍どす」「迷惑かけるよって、一人で大阪で産むつもりやったんどす」と膝をついて謝罪し、栄一も「すまねぇ。腹の子は俺の子なんだ」と告白する。続けて栄一は、「くには大阪で俺の世話をしてくれていた。身寄りがいねぇ。ほっとくわけにもいかねえ。だから...」と事情を説明すると、千代は消え入りそうな声で「そうでしたか...。お前様のお子が...。そうですか...」と独り言のようにつぶやいて遠くを見つめる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中