2021年 12月 1日 (水)

老舗洋菓子店の「職人技」に7万いいね! フルーツタルトを奇麗に10等分「技術に感動した」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ホールケーキの切り分けに苦労したことはないだろうか。現在SNS上では、職人がフルーツタルトを綺麗に切り分ける動画に大きな注目が集まっている。

   動画を投稿したのは近江屋洋菓子店(東京都千代田区)のツイッターアカウント。シャインマスカットが山のように積まれたケーキを、難なくカットしていく。目印なども用いず、均等に10等分のカットケーキに切り分けた。

   J-CASTニュースは2021年10月21日、同店にケーキを上手にカットするコツなどを取材した。

  • 近江屋洋菓子店のツイッターアカウントより
    近江屋洋菓子店のツイッターアカウントより
  • 近江屋洋菓子店のツイッターアカウントより

綺麗にケーキを切り分けるコツとは

   近江屋洋菓子店は1884年に東京都・神田で創業したケーキ屋だ。この時期は、ブドウやシャインマスカット、カキ、イチジクなど秋の味覚を楽しめるケーキを多く展開している。しかしフルーツをふんだんに用いたケーキをカットするのは至難の業だ。

   取材に応じた近江屋洋菓子店の店主・吉田由史明さんによれば、店では果物をたくさん盛り付けているためカットが難しいケーキが多いという。シャインマスカットのケーキも、粒が高く積まれている。さらに葡萄種の皮は、マンゴーやイチジクなどと比べてやや硬い。包丁の動かし方や力加減を誤ると、ケーキが崩れてしまう可能性もある。

   ケーキをホールで買った際にはどのように包丁を入れるのが良いのか。

「お刺身と同じで、力任せに包丁を下に押して切れるものではありません。包丁を前後に綺麗に『押して引く』という基本を守ることが大事です」

   さらに吉田さんによれば、包丁を湯煎などで温めるのがコツ。包丁を温かくすることで、刃にクリームがつきづらくなる。1回切り分けるたびに、湯煎で包丁を温めてからケーキに刃を入れると綺麗に切り分けやすくなるという。SNS上で話題になった動画でも、ケーキに刃を通す度に画面の外で包丁を調整していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中