2021年 12月 5日 (日)

7pay騒動から2年、「nanaco」がApple Pay対応に セキュリティの高さ訴求

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   セブン&アイ・ホールディングスが2021年10月21日、同社グループの電子マネー「nanaco」(ナナコ)がiPhoneなどで使える「Apple Pay」(アップルペイ)に対応したと発表した。nanacoはカード形式と「おさいふケータイ」の形式で07年にサービスを開始。「おさいふケータイ」はアンドロイド携帯で使うことができるが、iPhoneでは使えなかった。

   これとは別に、セブン&アイはiPhoneでも使えるスマホ決済「7pay」(セブンペイ)を19年7月にスタートしたが、サービス開始直後に不正アクセス問題が発生。運営会社の社長が「二段階認証」を理解していないなど、ずさんなセキュリティが響き、わずか1か月で廃止を発表した経緯がある。セブン&アイとしては、今回のApple Pay対応で、iPhoneが使える自前の決済手段を改めて手にしたことになる。現段階でも、セブン&アイグループの店舗で、iPhoneを使って決済する方法はある。ただ、今後はnanacoを優遇する方向性も示唆された。

  • nanacoがApple Payでも使えるようになった
    nanacoがApple Payでも使えるようになった
  • nanacoがApple Payでも使えるようになった

「現状の他決済を即排除するというようなことは一切行う予定はない」が...

   nanacoは21年8月末時点で、全国のセブン-イレブン2万1000店舗をはじめとする約80万店舗で利用でき、約7400万人の利用者がいる。セブン&アイ傘下のセブン・カードサービスの水落辰也社長によると、「非接触であることの安心感」を背景に、コロナ禍が本格化する20年1月と比べて加盟店は約28%、利用者は約7%増えたという。7400万人の大半がカードの利用者で、おサイフケータイ経由の利用はわずか1割だった。水落氏は次のように話し、iPhoneの高い国内シェアを背景に利用者を大幅に伸ばしたい考えだ。

「私どもとしても、Apple Payの対応は待ち遠しいものだった」
「これまでnanacoに興味がなかった利用者の方々がApple Payにより入会したり、モバイル化が進んでいないことで不便さを感じていた会員の再利用などによる会員利用件数の増加は、我々の期待するところだ」

   現時点でも、NTTドコモの決済サービス「iD」(アイディ)や、PayPayが組み込まれたセブン-イレブンアプリなど、セブン&アイグループの店舗でiPhoneを使って決済する方法はあった。セブン-イレブンアプリをPayPayからnanacoに切り替える可能性について問われた水落氏は

「お客様の利便性というものを考えて、現状の他決済を即排除するというようなことは一切行う予定はない」

とする一方で、次のようにも話し、中長期的にはnanacoを優遇する方向性を示唆した。

「我々のnanacoは、このグループの中心的な共通決済サービスなので、このサービス性をより高めることによって、1人でも多くのお客様にご加入・ご利用いただくという方向性で進めていきたい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中