2021年 12月 8日 (水)

ルーキー時代の松坂大輔と「似ている」現役投手 対戦したOBが挙げた名前は...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本ハムなどで活躍した元プロ野球選手の片岡篤史さんが、現役を引退した西武・松坂大輔投手のプロデビュー戦で喫した「伝説の三振」について言及した。

   片岡さんは、松坂投手の引退試合の翌日にあたる2021年10月20日、自身の公式YouTubeチャンネルに「【松坂大輔引退??】片岡が改めて語る『松坂大輔の凄さとは』【プロ野球ニュース】」と題した動画を公開した。

  • 引退会見に臨む松坂投手(画像提供 西武ライオンズ)
    引退会見に臨む松坂投手(画像提供 西武ライオンズ)
  • ルーキー時代の松坂投手(写真:築田純/アフロスポーツ)
    ルーキー時代の松坂投手(写真:築田純/アフロスポーツ)
  • 引退会見に臨む松坂投手(画像提供 西武ライオンズ)
  • ルーキー時代の松坂投手(写真:築田純/アフロスポーツ)

155キロの直球を豪快に空振り

   片岡さんは、1999年4月7日に東京ドームで行われた松坂投手のプロデビュー戦に、対戦相手の日ハムの3番バッターとしてスタメン出場。松坂投手が投じた155キロのストレートを豪快にフルスイングするも、空振り三振に切って取られた。

   以降このシーンは、松坂投手のキャリアを語る上で欠かせないハイライト映像の一つとして、たびたびスポーツ番組やニュース番組などで流され続けている。

   今回の動画で片岡さんは、YouTubeのスタッフから松坂投手についてコメントを求められると、「もう聞き飽きたやろ?」と苦笑いを浮かべた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中