2021年 12月 6日 (月)

麻生氏「立憲共産党」批判のフェイク 「どこの国も共産党がリーダーシップ取る」→1年前に反例あり

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   麻生太郎前財務相(自民党副総裁)が衆院選(2021年10月31日投開票)の応援演説で「立憲共産党」という言葉を連発し、波紋を広げている。

   立憲民主党と共産党の協力関係を揶揄する狙いがあるとみられ、10月23日の演説では、かつての中国国民党と中国共産党との協力体制「国共合作」を引き合いに「どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている。みんな同じです」と主張した。共産党は、かつては約30年間にわたって中国共産党との関係を断絶し、今でも人権問題では中国に批判的だ。共産党と中国共産党を同一視して批判する主張は反発を呼ぶ可能性もある。

  • 麻生太郎前財務省(自民党副総裁)。新百合ヶ丘駅前の演説でも、立憲民主党と共産党の関係を「立憲共産党」だと批判した
    麻生太郎前財務省(自民党副総裁)。新百合ヶ丘駅前の演説でも、立憲民主党と共産党の関係を「立憲共産党」だと批判した
  • 新百合ヶ丘前で演説する野田佳彦元首相(立憲民主党最高顧問)。解散総選挙のスケジュールを批判した
    新百合ヶ丘前で演説する野田佳彦元首相(立憲民主党最高顧問)。解散総選挙のスケジュールを批判した
  • 麻生太郎前財務省(自民党副総裁)。新百合ヶ丘駅前の演説でも、立憲民主党と共産党の関係を「立憲共産党」だと批判した
  • 新百合ヶ丘前で演説する野田佳彦元首相(立憲民主党最高顧問)。解散総選挙のスケジュールを批判した

「どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている。みんな同じです」

   麻生氏は10月23日午後に新百合ヶ丘駅前(川崎市)で行った演説で、今回の衆院選が政権選択選挙だと説明する中で、立憲と共産の関係について「立憲ナントカ党が連立を組みました。どこと?共産党。立憲共産党になったんだな」と表現した。さらに麻生氏は、両党の政策面の違いを指摘。立憲と共産は、仮に政権交代が起きた際は連立政権を組むのではなく、共産が「限定的に閣外協力」することで合意しているが、現実的には不可能だとする主張を展開した。

「じゃあ聞こう。共産党は日米安保条約反対、自衛隊は違憲、天皇制反対。じゃあ、そういう政党と一緒になったら、内閣はどうするんです?『いや、内閣には入れないんです』(と立憲は主張している)。選挙だけ世話になって、(与党に)なった途端に『あんたら入れない』って、できると思う?選挙で散々世話になっといて、そして、いざなったら『あんたら入れない』。そういうようなことができると思ってるのが、まず間違いなんですよ!」

   さらに、第2次国共合作後に第2次国共内戦が起こり、中国共産党による中華人民共和国が成立した経緯を引き合いに、仮に立憲民主党が政権を獲得したとしても共産党に乗っ取られると主張した。

「その上で共産党と組んだ世界中(の事例を)見て下さい。中国だって国民党と組んだ共産党は国共合作で国民党を乗っ取ったわけだろ?中国の歴史はそういう歴史じゃないですか。1940年代の歴史ですよ。したがって、どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている。みんな同じです。そういう国になりますか?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中