2022年 1月 21日 (金)

巨人V逸は「原監督の独裁」が原因か 「イエスマンばかり」首脳陣が招いたチームの衰退

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「首脳陣のテコ入れにフロントも介入すべき」

   両コーチの手腕に懐疑的な見方が多かったが、コミュニケーション能力の高さを発揮して19、20年はリーグ連覇に貢献。チームが良い流れの時は選手のモチベーションを上げる指導法がハマるが、負のスパイラルに陥った時はチームを良い方向に導くために、首脳陣の中で監督と意見を衝突することもいとわない人間が必要になる。

   いまの巨人にその人材が見当たらないのが現実だ。

「独裁政権は監督にとってはやりやすい環境かもしれないが、間違いなくチームは衰退する。原監督主導のコーチ人事だと、どうしてもイエスマンばかりになってしまう。首脳陣のテコ入れにフロントも介入すべきだと思います」(スポーツ紙デスク)

   V逸の巨人は首脳陣に大ナタを振るうだろうか。(中町顕吾)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中