2022年 1月 19日 (水)

新庄監督就任で「中田翔の扱いを見てみたかった」 「人間性重視」の指導方針、ファンの空想広がる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球・北海道日本ハムファイターズの新庄剛志新監督(49)が2021年11月4日に就任記者会見を行った。

   「優勝なんか一切目指しません」「試合中にインスタライブとかさせてもらったら」と"新庄節"がさく裂した一方、会見終盤には選手の「人間性」の重要さを神妙な口調で説いた。一部ファンからは、今年8月にチームメイトへの暴行問題で退団した巨人・中田翔選手を新庄監督に指導してほしかった、という声が聞かれている。

  • 日本ハム時代の中田翔選手(写真:AP/アフロ)
    日本ハム時代の中田翔選手(写真:AP/アフロ)
  • 日本ハム時代の中田翔選手(写真:AP/アフロ)

「人の悪口は言わない」

   新庄氏はえんじ色のチェックのスーツ、襟を大きく開いたシャツという格好で登場。冒頭で「選手兼監督という形で契約を結んでもらいました」と話すと、横に座っていた川村浩二球団社長兼オーナー代行が即座に否定。さらに「これからは顔を変えずにチームを変えていきたい」と、自身の「美容整形」を交えた冗談を披露した。

   報道陣に対しては、監督ではなく「ビッグボスと呼んでください」と要求。スポニチによれば、この日訪れた記者には「BIG BOSS SHINJO」と書かれた名刺が配られた。その後も、

「優勝なんか一切目指しません。高い目標を持ちすぎると、選手というものはうまくいかないと僕は思っている」
「選手の顔と名前全く知らない。ただ1年間勉強してプレーはしっかりインプットしています。キャンプで顔と名前とプレーの答え合わせをしていって、いいチームを作ります」

   と、独自の理論を展開。現役時代には派手なパフォーマンスでファンを沸かせた新庄氏だが、「選手と天井から降りたい」「試合中にインスタライブとかさせてもらったら最高かな」と、シーズン中のファンサービス案も語った。

   およそ50分に及び「新庄節」がさく裂した会見だったが、記者からの質問に神妙な口調で答える場面もあった。選手への「指導方法」を問われた際の回答だ。

「やっぱり人間性というものは大事であって、人の悪口は言わない、『いただきます』、『ありがとうございました』の言える選手は育てていきたいですね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中