2021年 12月 3日 (金)

ビッグボスの元で覚醒なるか 新庄ハムの未来を担う「7人のスター候補生」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本ハム・新庄剛志氏監督(ビッグボス)の話題が連日メディアを独占しているが、プレーするのは選手たちだ。

   最近5年間でBクラス4度。かつてはダルビッシュ有、中田翔、西川遥輝、大谷翔平と高卒で入団した選手たちが活躍し、育成能力に長けた球団として評価が高かったが、近年は17年ドラフト1位で入団した清宮幸太郎を筆頭に、伸び悩んでいる若手が多い。

   底上げがないためにハイレベルなレギュラー争いが繰り広げられないのも、低迷の大きな要因だろう。

  • 新庄剛志監督(写真: アフロ)
    新庄剛志監督(写真: アフロ)
  • 新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
    新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
  • 新庄剛志監督(写真: アフロ)
  • 新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より

「レギュラーなんか1人も決まっていません」

   新庄監督は2021年11月4日の就任会見で、

「レギュラーなんか1人も決まっていません。新人、2年目、3年目の選手がキャンプで伸びた時に、全部若い選手で固めるかもしれないし、開幕投手が誰とか全く決めてないし、今年入ったね、ドラフト1位の子(達孝太)が開幕投手で投げているかもしれないし、そういった争いをどんどんさせたいとは思いますね」

と実績関係なく、横一線の競争であることを明言している。

   さらに、「チームにピッチャー3人、野手4人のタレントを作りあげていけば、楽しいチームになるし、そういうタレントが生まれることは、全国に名前も背番号も顔も名前も覚えてもらえるんで。その時にはもう強くなっていると思うので、そういうチームを作っていきたい」と描いているチーム構想を口にした。

   新たなスター候補はどの選手だろうか。スポーツ紙記者はこう分析する。

「五十幡亮汰は面白いと思います。俊足で打撃もシュアなので、『1番・中堅』に定着すれば、元阪神の赤星憲広のような球界を代表するリードオフマンになる可能性を秘めている。

野手は身体能力抜群の万波中正、粗さはありますが遠くに打球を飛ばす能力を持つ今川優馬も成長株です」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中