2021年 12月 4日 (土)

宮迫の焼肉店はなぜ失敗したのか 「飲食やってても舐めたらダメ」元協力者が明かす呆れた実態

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   元雨上がり決死隊の宮迫博之さんが経営する焼肉店「牛宮城」をめぐる騒動で、同店のメニュー監修をした森田隼人氏が、「青汁王子」こと三崎優太さんのYouTubeチャンネルに出演し、一連の騒動について語った。

   牛宮城をめぐっては、試食会で肉の品質などが問題視されたことなどで開業が延期に。そうした問題もあり、共同経営者だったYouTuberのヒカルさんも経営から離脱している。

  • 宮迫博之さん
    宮迫博之さん
  • 試食会で提供された肉。ヒカルさんのYouTube動画より
    試食会で提供された肉。ヒカルさんのYouTube動画より
  • 宮迫博之さん
  • 試食会で提供された肉。ヒカルさんのYouTube動画より

「試食会は僕もYouTubeではじめて観て......」

   森田氏が騒動について言及したのは、三崎さんのチャンネルで2021年11月13日に公開された「今話題の"牛宮城"について真相を直接本人に聞いてみた」の動画だ。

   森田氏が対談で明かしたところによれば、試食会は森田氏が経営する「クロッサムモリタ」で2回、「牛宮城」で1回の計3回開かれており、1回目はすべて森田氏が監修したもので、宮迫さん・ヒカルさんともに納得のいく仕上がりだったという。

   しかし、「クロッサムモリタ」での2度目の試食会に関しては、森田氏が監修していないメニューも提供されたという。

「実は半分は僕の手の入ってるお料理で、もう半分は前日、前々日ぐらいに宮迫さん陣営の方からこういう料理を出してくださいってことでお持ちいただいてたお料理があったんで、まぁそれをちょっと交互に入り組みながら、やったんですよ...」

   2度目の試食会で提供したメニューは「ブラッシュアップの最中だった」として、60%ほどが森田氏の監修したものだったと振り返った。

   森田氏は、肉質が問題となった「牛宮城」店舗で開かれた試食会にはノータッチだったという。そのため、動画でことの顛末を知り、コメント欄で森田氏に対し投げかけられた厳しい声に動揺したと明かした。

「本当全く何も、お伺いを...してなかった...ですね...。試食会は僕もYouTubeではじめて観て、そのコメントの中に『森田さんが監修してるのにまずいって...』『釈明してください!』って」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中