2022年 1月 23日 (日)

「AKB妊娠させられる」徳光セクハラ発言に「昔は大丈夫やった」「困ってる」 さんま擁護に批判も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   明石家さんまさん(66)が2021年11月13日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)で、フリーアナウンサー・徳光和夫さん(80)によるセクハラ発言について言及した。徳光さんをフォローするようなトーンの発言に、批判の声もあがっている。

  • 徳光和夫さん
    徳光和夫さん
  • 徳光和夫さんの問題の発言シーン。該当箇所が削除される前のYouTubeチャンネル「水道橋博士の異常な対談 ~Dr.Strangetalk~」の動画より
    徳光和夫さんの問題の発言シーン。該当箇所が削除される前のYouTubeチャンネル「水道橋博士の異常な対談 ~Dr.Strangetalk~」の動画より
  • 徳光和夫さん
  • 徳光和夫さんの問題の発言シーン。該当箇所が削除される前のYouTubeチャンネル「水道橋博士の異常な対談 ~Dr.Strangetalk~」の動画より

「昔は大丈夫やったんですよ。これぐらいのことを言っても」

   徳光さんは、10月末に公開されたお笑いコンビ「浅草キッド」水道橋博士さん(59)のYouTubeチャンネル動画で、明石家さんまさんについて「まだ、AKBの1人や2人は妊娠させられますよ」と発言。セクハラであり、失礼だとして大きな批判を集めた。

   これを受け、さんまさんがパーソナリティをつとめる「ヤングタウン土曜日」に、徳光さんをめぐる投稿が寄せられた。

「先日、YouTube『水道橋博士の異常な対談』でさんまさんの話題になった時、ゲストの徳光和夫さんが『さんまさんは、まだAKBの1人や2人は妊娠させられますよ』ととんでもないセクハラ発言をして大炎上しました。私は、さんまさんが毎週毎週かわいいヤン娘。(番組パーソナリティーのアイドル)2人を目の前にしながら、指一本触れたことがないのを知っているので、私の心の消火器で徳光さんの大炎上にズームイン!してあげました」

   さんまさんは、言葉を選びつつ今回の炎上はお笑い界やテレビ界の変化が原因にあると指摘した。

「これはもう、まあなあ...。受け取る側がこう、炎上さすように、炎上さすようにっていって可哀想なこと。こっちサイドから言うとね、昔は大丈夫やったんですよ。これぐらいのことを言っても。それが大炎上になるっていうことで」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中