2021年 12月 6日 (月)

大谷翔平への1位票「難しい決断ではなかった」 ゲレーロの球団地元紙記者、MVPの投票理由明かす

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大リーグ機構(MLB)は2021年11月18日(日本時間19日)、ア・リーグMVP(最優秀選手)にエンゼルスの大谷翔平選手(27)を選出した。投票は全米野球記者協会(BBWAA)の30人の会員によって行われ、大谷は1位30票の満票を集めた。日本人選手のMVPは01年のマリナーズ・イチロー外野手以来20年ぶり2人目となった。

  • 大谷翔平選手(17年撮影)
    大谷翔平選手(17年撮影)
  • 大谷の地元紙が都内で号外配布(写真:AP/アフロ)
    大谷の地元紙が都内で号外配布(写真:AP/アフロ)
  • 大谷翔平選手(17年撮影)
  • 大谷の地元紙が都内で号外配布(写真:AP/アフロ)

MVP選考は「まったく議論の余地がなかった」

   ア・リーグでは14年のマイク・トラウト外野手(エンゼルス)以来の満票での受賞となった大谷。MVP争いでライバル視されていたブラディミール・ゲレーロJr内野手(ブルージェイズ)は、1位票ゼロに終わり、2位票29、3位票1の結果となった。

   今季ア・リーグトップタイの48本塁打、打率.311、111打点をマークするもMVPを逃したゲレーロJr。所属するブルージェイズの地元紙「TORONTO STAR」(WEB版)は、大谷のMVP受賞を速報で伝え、大谷の受賞理由について分析している。

   記事を執筆したのは同紙の野球コラムニストであるグレゴール・チスホルム記者で、10年からブルージェイズを担当。チスホルム記者は記事の中で今回の投票で大谷に1位票を投じたことを明かしている。

   記事は「ブルージェイズファンにとってはアンフェアに思えるかもしれないが、MVPの投票者は正しく理解した」などの見出しで書かれ、全米野球記者協会の最大の賞をどの選手が受けるべきかについての大論争はまったく議論の余地がなかったと指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中