2021年 12月 4日 (土)

新庄ハムの「覚悟感じた」 大田・西川・秋吉「まさかの放出」にOB持論「厳しい判断」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球日ハムの元選手で野球解説者の森本稀哲氏(40)が2021年11月22日放送のラジオ番組「ひちょりのWA!!」(STVラジオ)に出演し、日ハムを自由契約となる西川遥輝外野手(29)、大田泰示外野手(31)、秋吉亮投手(32)について自身の見解を述べた。

  • 大田泰示選手(写真:AP/アフロ)
    大田泰示選手(写真:AP/アフロ)
  • 大田泰示選手(写真:AP/アフロ)

森本氏「選手が移籍しやすいような環境を作っています」

   日ハムは11月16日、海外フリーエージェント(FA)資格を取得している西川、国内FA資格を取得している大田、秋吉に対して22年度の契約を提示せず、野球協約第66条の保留手続きを行わないことを発表した。

   森本氏は3選手に対して球団がとった措置について「球団は厳しい判断というか評価をしましたね」と評し、「選手はFAとかの権利を使うよりも条件なしで移籍をするということの可能性が広がるので選手が移籍しやすくなるのは確実です」と指摘した。

   その理由として「FAになると西川、大田両選手は特に補償が付いてきてしまうので他球団は手を挙げれない状況になってしまう。なのでファイターズとしては確かに厳しい条件を突きつけたんですけども、それだけ選手が移籍しやすいような環境を作っています」と説明した。

   この3選手の今後に関して稲葉篤紀GM(49)は球団公式サイトを通じて「ファイターズとの再契約の可能性を閉ざすものではありません」などとコメントしており、他球団の移籍とともにチーム残留の可能性も残されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中