2022年 1月 29日 (土)

城彰二が「見た瞬間すごい選手になると思った」2歳下の高校生 その後W杯出場、現在も良好な関係

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーの元日本代表FW城彰二氏(46)が2021年11月27日に公開したユーチューブ動画で高校時代に出会った超高校級ストライカーについて語った。

   サッカーの名門・鹿児島実業高出身の城氏は、3年時に高校サッカー選手権大会に出場しベスト4に入った。元日本代表MFの前園真聖氏は高校の2年先輩で、同級生には元Jリーグ横浜F・マリノスの遠藤彰弘氏や元横浜FCの横山博敏氏らがいる。

  • 元日本代表FW城彰二氏(写真:アフロスポーツ)
    元日本代表FW城彰二氏(写真:アフロスポーツ)
  • 元日本代表FW城彰二氏(写真:アフロスポーツ)

富山遠征で「すごいやつがいる」と...

   高校時代から日本のトップ選手だった城氏が、衝撃を受けたという選手は当時、富山第一高に所属していた柳沢敦氏(44=元日本代表FW)だった。

   城氏は「富山遠征で試合に行った時に『すごいやつがいる』と。それで見たら柳沢敦。すごかったよ。もうすごかった。背丈はそんなに大きくないんだけど抜群のバネとヒューっと飛び出す速さ。あとシュートのうまさ。高校時代の彼を見た瞬間にすごい選手になると思ってた」と興奮気味に振り返った。

   柳沢氏は城氏の2学年下で、富山第一高時代には高校サッカー選手権大会に出場し、超高校級ストライカーとして注目を集めた。

   高校卒業後はJリーグの鹿島アントラーズに入団。03年からイタリア・セリエAに活躍の場を映し、06年に古巣の鹿島に復帰。その後は京都サンガ、ベガルタ仙台と渡り歩き14年に現役を引退した。日本代表としてはワールドカップ(W杯)02年日韓大会、06年ドイツ大会に出場した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中