2022年 5月 20日 (金)

「シンクいっぱいのあんこで窒息死」 コナンのカオス演出、和菓子屋がガチ考察「火傷が心配です」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アニメ「名探偵コナン」(読売テレビ・日本テレビ系列)の2021年11月27日放送回が注目を集めている。

   この回は推理パートで犯人と「毛利小五郎」が脈絡なくワルツを踊り出すなど全体的に混沌としていた。なかでも、事件の被害者が「キッチンシンクに溜めたあんこ」に頭を押し付けられ死亡した状態で発見された場面は大きく話題になった。

   放送内容に「カオス過ぎ」という声もあがるなか、老舗和菓子屋からまさかのツッコミが入った。シンクにあんこを溜めるとどれだけ危険なのか、専門家目線で冷静な分析を寄せたのだ。

  • 松葉屋を代表する菓子「月よみ山路」(公式ツイッター@matsubaya1852より)
    松葉屋を代表する菓子「月よみ山路」(公式ツイッター@matsubaya1852より)
  • 松葉屋公式ツイッター(@matsubaya1852)より
    松葉屋公式ツイッター(@matsubaya1852)より
  • 松葉屋を代表する菓子「月よみ山路」(公式ツイッター@matsubaya1852より)
  • 松葉屋公式ツイッター(@matsubaya1852)より

「自分の作ったあんこで殺害されるとは...」

   27日に放送されたのは、「1028話 ケーキを愛する女のバラード」。話題となった「シンクにあんこ」のシーンについて、作中では捜査にあたった警部らが、

「常軌を逸した犯行だな。仏さんは大量の汁粉でも作っていたのか?」
「洋菓子工場の社長でありながら最近は和菓子作りに凝っていたようですな。自分の作ったあんこで殺害されるとは...」

とコメントしていた。

   こうした犯行の手口に1852年創業の和菓子屋「松葉屋」(石川県小松市)が反応した。銘菓「月よみ山路 栗蒸し羊羹」で知られる同店は、「通りすがりの和菓子屋です」と名乗り、ツイッターで次のように指摘した。

「あんこって結構質量あるので、シンクいっぱいにするまで溜めこむと重さでシンクが歪みそうなのと...あとは『溺れて』とのことなので冷えて凝固する前の、柔らかい状態のあんこだとするとかなり熱いと思うんですよね...火傷が心配です」

   思わぬところに注目した松葉屋の投稿は3万3000件以上のリツイート、8万3000件超の「いいね」が寄せられるなど反響を呼んでいる。ツイッターでは「プロ視点で真面目に考察してて面白いw」「色々突っ込みどころありすぎ...笑」といった声が寄せられた。

   松葉屋のツイッター担当者は29日、J-CASTニュースの取材に「何気ない投稿でしたが、予想外の反響をいただき驚いています」と答えた。もともと作品のファンであり、今回の事件が和菓子屋として親近感のある内容だったことから投稿に至ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中