2022年 5月 29日 (日)

朝倉未来、ツバ吐きヤラセ疑惑も「俺は聞いてない」 1000万企画騒動、当事者対談で語った真相

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   格闘家・朝倉未来さんが2021年11月27日、ABEMAで20日に配信された企画「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」で対戦相手から受けた「ツバ吐きパフォーマンス」をめぐる騒動に言及した。

  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
    朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)

「それはやれと言われたからやったわけではないんですよ、モハンが」

   対戦相手のモハン・ドラゴン選手は試合前の会見で、自らの手にツバを吐きかけ、朝倉選手の頭をくしゃくしゃと掴むパフォーマンスを行なった。朝倉選手は言葉すら発さなかったものの、表情を強張らせた。

   モハン選手は22日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、ストリートファイト企画の舞台裏を明かしていた。ツバ吐きパフォーマンスは自ら考えたものであるとしつつも「ツバは吐いたふりして、頭触るだけ。もちろん朝倉未来選手側の許可がないとできない」と、スタッフに申し出て許可が出たと聞いたために行ったと語っていた。

   朝倉選手のもとには、モハン選手側が事前に申し出ていたとの話を受け、パフォーマンスが「やらせではないか」との声が相次いでいた。朝倉選手自身は24日、YouTubeチャンネルに公開した動画で、ツバ吐きパフォーマンスについて「しっかり訂正させてもらいますけど、僕はその話を聞いていないです」との認識を示した。

   こうした中、朝倉選手は27日公開の「1000万企画のモハンドラゴン選手に唾の件聞いてみた」と題した動画でモハン選手と対談。朝倉選手は笑いながら、「あれですよね、煽りね。あれはどうなんですか? ABEMA TVの人がOKをしてくれたみたいな?」と問いかけた。

   モハン選手は「それはやれと言われたからやったわけではないんですよ。モハンが」と、あくまでも自分が申し出たパフォーマンスだったことを強調。「『やっていいですか?』って聞いたら、『いいですよ』って?」と確かめた朝倉選手に、「はい」と目を見て肯定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中