2022年 5月 20日 (金)

国籍不問が「韓国籍限定」に 神戸市求人を改変、民団大阪サイトが物議...市の指摘で修正

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「依頼主から送られた文書をそのまま載せているだけ」

   デジタル化専門官については、予定通り2人を採用し、前職の都合などから、9月1日、10月1日にそれぞれ着任した。2人の名前や経歴は、市のサイトで公表されている。国籍については、個人情報のため答えられないとしている。

   ネット上では、在日韓国人を優遇しているのではないかとの憶測も流れているが、市の人事課では、「そのようなことはありませんし、国籍も限定していません」と否定した。

   年収などの待遇がいいとの指摘が出ている点については、「係長級の待遇で募集しました。任期付きであっても、正規職員と同等になります」としている。

   民団大阪の求人募集担当者は12月8日、取材に対し、市の申し入れで修正したことを認めたうえで、「依頼主は申し上げられませんが、送られた文書をそのまま載せているだけで、中身については関与していません」と答えた。

   KOTRA大阪貿易館のサイトでは、今回の募集も掲載してあるが、国籍などの表記は載せていない。なぜ民団サイトでは韓国籍と表記されたのかについて、同館の総務部は8日、事実関係を確認していると取材に説明した。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中