2022年 1月 19日 (水)

「ドクターX」野村萬斎・蜂須賀の人気急上昇 「敵キャラ」にまさかの一面

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の野村萬斎さんが、2021年12月9日放送のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に出演。敵役かと思われていたが一転、今回のエピソードで視聴者からの人気を集める展開になった(以下ネタバレあり)。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 番組公式サイトより

すい臓に腫瘍が見つかるも...

   野村さんが演じるのは、主人公の外科医・大門未知子(米倉涼子さん)が勤める「東帝大学病院」の内科部長・蜂須賀。メスを使わずにガンなどを根治する「ケミカルサージェリー」を推し進め、オペ第一主義の未知子とは一線を画す立場。院内に「感染研究センター」を設営することを夢見ており、今シリーズおいてはボスのような存在であった。

   第9話では、蜂須賀は未知子を連れて馴染みの寿司屋へ。次々と平らげる未知子をよそに、蜂須賀は世界中の命を感染症から救いたいという理想を明かし、完成間近の感染研究センターに想いを馳せる。しかし、実はすい臓に巨大な腫瘍ができており、時折背中に激痛が。検査はしたものの、大事な時期ということもあり、周囲には秘密にしていた。

   そんな蜂須賀の病に気が付いた未知子に蜂須賀は、「腫瘍が見つかってすぐHIFU(高密度焦点式超音波)治療を試しましたが、私には効果がなかった」と告白。声を震わせながら、「人は弱いものですね...」「自分が病気になって初めてわかりました。その膵臓の影をメスで取り除けるものならと一縷の望みをかけてしまう」とし、「大門先生、出来ることならあなたに...。あなたに切ってほしい」と未知子にオペを依頼。

   未知子は、難しいオペになりそうなことを告げつつ、「ハッチ(蜂須賀)の好きな100%(成功)にするよ」と宣言し、「私、失敗しないので」と決めセリフを放った。

   また、蜂須賀は感染症対策として、アフリカなどに何十年も石鹸とマスクを支援する活動をしていたことも明らかになった。

   視聴者からは「蜂須賀最初いらねぇって思ってたけど好感度爆上がり」「最初はイヤな奴だと思ったけど、好きかも...」「やっぱハッチ良い先生だったんやね 権力には興味ない、ただ患者さんを救いたいって想い、ハッチも大門先生も一緒なんだなぁ...」などと反響があがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中