2022年 5月 17日 (火)

「じゃ、最後、行ってきます」F1撤退ホンダの新聞広告に感動の嵐 ライバルへ「感謝」伝えた理由

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ありがとうフェラーリ、ありがとうメルセデス、ありがとうトヨタ...

   2021年12月12日のアブダビ・グランプリ(GP)で、エンジンを供給するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手(オランダ)が勝利し、F1ラストイヤーで有終の美を飾ったホンダ。最終戦に臨む日の朝、歴戦のライバルに感謝を告げる新聞広告を掲載し、ファンの間で大きな反響を呼んだ。

   広告にはどんな思いが込められていたのだろうか。ホンダに話を聞いた。

  • F1撤退・ホンダの新聞広告が話題に(ホンダ提供)
    F1撤退・ホンダの新聞広告が話題に(ホンダ提供)
  • 英語版の広告(ホンダ提供)
    英語版の広告(ホンダ提供)
  • F1撤退・ホンダの新聞広告が話題に(ホンダ提供)
  • 英語版の広告(ホンダ提供)

「すべてのライバルに感謝します」「すべての仲間に感謝します」

   ホンダは1964年にF1初参戦。以降、撤退と復帰を重ね、15年にはエンジンのサプライヤーとして4度目の復帰を果たした。第4期ではマクラーレン、トロ・ロッソ、レッドブル、アルファタウリといったパートナーとタッグを組んできたが、ホンダの2050年カーボンニュートラル実現を理由に、21年シーズンでのF1撤退が決まっていた。

   F1ラストゲームとなるアブダビGP決勝を控えた21年12月12日の朝。ホンダは日本経済新聞に広告を掲載した。ピットで出走を待つマシンの姿とともに、こんな文章が添えられていた。

「ありがとうフェラーリ
ありがとうロータス
ありがとうブラバム
ありがとうマクラーレン
ありがとうウィリアムズ
ありがとうルノー
ありがとうメルセデス
ありがとうトヨタ」
「初めてF1に挑戦した
1964年のあの日から今日までの、
すべてのライバルに感謝します。
すべての応援してくれた人、
すべてのドライバー、
厳しい戦いをともにくぐり抜けてきた、
レッドブル、アルファタウリ、
すべての仲間に感謝します。」
「じゃ、最後、行ってきます。」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中