2022年 1月 28日 (金)

セルジオ越後氏、再び横浜FC批判 謝罪直後に「なんでカズをあんなにかばうんだって...」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカー解説者のセルジオ越後さんが2021年12月15日のYouTube動画で、三浦知良選手(54)の契約を巡る発言に関して抗議を受けていた横浜FCに謝罪した。

  • セルジオ越後氏(写真:つのだよしお/アフロ)
    セルジオ越後氏(写真:つのだよしお/アフロ)
  • セルジオ越後氏(写真:つのだよしお/アフロ)

横浜FCが抗議文「事実と著しく異なる内容」

   セルジオさんは12月3日に公開した「【辛口激励!】カズよ、裸の王様になるな!」と題した動画で、今季J1リーグ戦でわずか1試合、1分の出場に終わった三浦選手について、「これは責任問題じゃないですかね。雇っているほうのね」と横浜FCのスタンスを問題視。

「(三浦選手が)CMに出て、クラブへお金が落ち、それが財源になって戦力アップするっていう。彼がいなくなったら横浜FCって大変なことになると思いますね」
「(所属チームが)お金が入ればいいだけなら、それはちょっと(三浦選手が)利用されているみたい」

などと持論を展開した。

   この発言に対し、横浜FCは15日、公式サイトに掲載した文書で「事実と著しく異なる内容」であると反論した。

「当クラブは三浦選手がCMに出演すること等により収入が得られるような契約は一切しておらず、YouTubeにおけるセルジオ越後氏の発言は事実とは異なり、三浦選手のCM出演等により収入を得たことはなく、当然その収入により戦力をアップさせた事実もありません」

   そのうえで、「あたかも当クラブが三浦選手のCM収入等の財源として戦力をアップさせようとし、三浦選手を利用しているかの印象を与える内容を強調して配信しており、当クラブとしてはこの指摘については大変遺憾」と憤りを露わにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中