2022年 1月 26日 (水)

「後発薬ショック」で医療現場が未曾有の事態 「我々も限界」「薬局の信頼にかかわる」薬剤師が語る過酷な現状

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「頑張っていますが、我々も限界です...」

   2021年11月下旬、ある薬剤師の悲鳴のような投稿がツイッター上で注目を集めた。背景にあるのは、後発(ジェネリック)医薬品大手の業務停止命令に端を発した、医薬品の供給不足。薬局などで働く薬剤師の負担が増している。

   人々の健康を支える現場で、何が起きているのか。「SOS」を出した薬剤師に話を聞いた。

  • ツイッター上で聞かれた薬剤師の悲鳴
    ツイッター上で聞かれた薬剤師の悲鳴
  • ツイッター上で聞かれた薬剤師の悲鳴

「お薬はないです。もう一度言います。お薬はないです」

「お薬はないです。大事なことなので、もう一度言います。お薬はないです。薬局をかえても卸をかえても手にはいりません。日本に存在する品目のうち、半分くらいはまともに入ってきません」
「頑張っていますが、我々も限界です...」

   2021年11月下旬、病院の薬剤師として働くユーザーは、現場の深刻な「薬不足」と、悲痛な胸の内を訴えた。ツイートは6000件を超えるリツイートを集めるなど、話題を呼んだ。

   薬不足の背景にあるのは、後発医薬品メーカーで相次いだ不祥事だ。小林化工(福井県あわら市)は水虫などの治療薬に睡眠導入剤が混入した問題で、今年2月に業務停止処分を受けた。21年3月には後発薬大手の日医工(富山市)、10月には長生堂製薬(徳島市)で製造上の不正が発覚し、業務停止処分を受けている。

   こうした状況に追い打ちをかける出来事もあった。11月29日には、複数の医薬品メーカーが利用していた日立物流西日本物流センター(大阪市)で火災が発生。後発薬メーカーの大原薬品工業(滋賀県甲賀市)は、火災の影響で67品目が欠品、もしくは欠品が予想されるとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中