2022年 1月 23日 (日)

「たべっ子どうぶつ」の意外な秘密 一匹だけ消えた動物、その正体は?ギンビスに聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ギンビス(東京都中央区)が製造する動物形のビスケット「たべっ子どうぶつ」。シリーズの元祖で、定番の「バター味」には46種類の動物が収録されている。

   だが、そのルーツとなったビスケット「動物四十七士」に登場する動物は47種類。「たべっ子」になるまでに、1種類いなくなっていたのだ。

   「たべっ子」に加われなかった動物とはなんなのか。ギンビスに話を聞いた。

  • 「たべっ子どうぶつ」収録見送られた動物の名前
    「たべっ子どうぶつ」収録見送られた動物の名前
  • 「たべっ子どうぶつ」のルーツになった「動物四十七士」(ギンビス提供)
    「たべっ子どうぶつ」のルーツになった「動物四十七士」(ギンビス提供)
  • 「動物四十七士」に入っているコアラのビスケット(ギンビス提供)
    「動物四十七士」に入っているコアラのビスケット(ギンビス提供)
  • 「たべっ子どうぶつ」収録見送られた動物の名前
  • 「たべっ子どうぶつ」のルーツになった「動物四十七士」(ギンビス提供)
  • 「動物四十七士」に入っているコアラのビスケット(ギンビス提供)

「何かが絶滅してる...」

   「たべっ子どうぶつ バター味」(以下、たべっ子)は「たべっ子どうぶつ」シリーズの元祖として1978年に登場。動物の形をした薄焼きビスケットには、動物の英語名がプリントされている。発売開始以来、ロングセラー商品として親しまれている。

   一方、動物四十七士は69年に登場。今も通販サイトなどで販売されていて、パッケージには「たべっ子どうぶつのルーツになった素朴な味わい」と書かれている。「たべっ子」同様、動物形のビスケットに英語名が刻まれているが、こちらは厚焼きタイプだ。

   2製品の最大の違いは、登場する動物の数だ。動物四十七士が47種類なのに対し、たべっ子は46種類。「四十七士」から「たべっ子」になる過程で、1種類いなくなっているのだ。

   ツイッター上では2021年12月中旬、この違いが話題を呼び「何かが絶滅してる...」「気になる」などの声が集まった。中には「ニホンオオカミ」「犬(居ぬ)」「トナカイ」「七面鳥」など、消えた動物を想像する人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中