2022年 1月 23日 (日)

マック以外でも「ポテトショック」直撃 「メニュー開発に活かせる」商機見出す店も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本の飲食チェーンを「ポテトショック」が襲っている。

   日本マクドナルド(東京都新宿区)は2021年12月21日、北米からの原材料輸入の遅延を理由に「マックフライポテト」のM・Lサイズを年末に販売休止すると発表。ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」も、コンテナ不足による原材料輸入の遅れから一部店舗でポテトの販売を見合わせる。

   一方で、ハワイアンレストラン「Eggs 'n Things」(エッグスンシングス)は、料理の付け合わせのポテトを選択制に変更する。運営会社は「今後の新メニュー開発に活かせる」と前向きな姿勢を見せている。

  • 「ポテトショック」が飲食チェーンを襲う(画像はイメージ)
    「ポテトショック」が飲食チェーンを襲う(画像はイメージ)
  • 「ポテトショック」が飲食チェーンを襲う(画像はイメージ)

クリスマス・年末シーズンを直撃

「どうしよう...」
「これはかつてない大事件だ」

   21年12月21日のマクドナルドの発表を受け、ツイッター上では驚きや悲しみの声が広がった。販売休止するのは「マックフライポテト」のM・Lサイズ。休止期間は12月24日~30日と、クリスマス・年末シーズンを直撃している。期間中、利用者はセットメニューを含めSサイズのポテトしか注文できない。

   北米から原材料を輸入している同社だが、カナダ・バンクーバー港近郊での大規模な水害と「コロナ禍が与える世界的な物流網への影響」により輸入の遅延が発生。原材料の安定調達が難しくなっている。M・Lサイズの販売休止は「今後も多くのお客様に途切れることなく召し上がっていただくため」としている。

   「ポテトショック」に見舞われている飲食チェーンは、マクドナルドだけではない。

   アレフ(札幌市)が運営する「びっくりドンキー」では、12月24日から1月12日まで一部店舗で「びっくりフライドポテト」「スパイシーポテト」「チーズソースポテト」「ザンギ&ポテト」「キッズポテト」の5商品が販売休止となり、選択制のセットメニュー「ドンキー満喫セット」で「びっくりフライドポテト」が選べなくなる。

   実施するのは全340店舗中132店舗。対象店舗では24日から張り紙で、客に販売休止を知らせる。J-CASTニュースが23日、アレフの広報担当者に取材すると、コロナ禍の「コンテナ不足」による原料輸入の遅れが販売休止の原因だとした。

   10月には日本ケンタッキー・フライド・チキン(横浜市)が、コロナ禍による物流網混乱を理由に一部店舗でポテトの販売を休止していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中