2023年 2月 2日 (木)

「私こんな形で結婚するのかな」相方困惑 ヴァンゆん・ヴァンビ、暴走生配信に続々批判で全面謝罪

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   男女2人組YouTuber「ヴァンゆん」ヴァンビさんが2021年12月25日、登録者数250万人を超えたら相方・ゆんさんと結婚するという企画を生配信し、騙し打ちのような企画に批判の声があがった。翌26日、ヴァンビさんは釈明動画を公開し、「全ての責任の所在は僕にある」として謝罪した。

  • 結婚企画を謝罪する「ヴァンゆん」ヴァンビさん。YouTube「ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】」の動画より
    結婚企画を謝罪する「ヴァンゆん」ヴァンビさん。YouTube「ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】」の動画より
  • 結婚企画を生配信した「ヴァンゆん」。右上にはリアルタイムのチャンネル登録者数、右下には登録者数に応じたミッションを表示していた。YouTube「ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】」の動画より
    結婚企画を生配信した「ヴァンゆん」。右上にはリアルタイムのチャンネル登録者数、右下には登録者数に応じたミッションを表示していた。YouTube「ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】」の動画より
  • 結婚企画を謝罪する「ヴァンゆん」ヴァンビさん。YouTube「ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】」の動画より
  • 結婚企画を生配信した「ヴァンゆん」。右上にはリアルタイムのチャンネル登録者数、右下には登録者数に応じたミッションを表示していた。YouTube「ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】」の動画より

「断れない状態ですね」

   「ヴァンゆん」は、ヴァンビさんとゆんさんの2人からなる男女ユニットYouTuberだ。交際はしていないと明言しているが、これまでカップル企画のような動画も多くアップしてきた。

   25日の生配信「ヴァンゆんチャンネル登録者250万人達成したら結婚する生配信!!」は、ヴァンビさんが企画したという。

   サンタクロースのコスプレをしたヴァンビさんは目隠しされたゆんさんをカメラの前に連れてくると、「はじまりました! 登録者250万人達成したら結婚する生配信~」と拍手しながらタイトルコール。ゆんさんは「えっどういうこと?」と事態を飲み込めない様子だ。

   ゆんさんにはクリスマスにちなんだプレゼント企画を撮影すると話していたとして、ヴァンビさんは本当の企画を説明。度々仲睦まじい様子を配信している2人をめぐり、結婚を望むファンの声が多いとしたヴァンビさんは「クリスマス、25日、250万人達成したら結婚します」と宣言した。

   「いや待って ?結婚!? (カメラが)回ってるのも知らないし」と驚くゆんさんに、ヴァンビさんは「今登録者数226万人。これ(250万人には)到底届く数字じゃないんですよ。けど、これがクリスマスの奇跡で達成したあかつきには、マジで結婚してほしい」と迫った。

   ヴァンビさんは「厳密に言うと僕らは付き合ってはいません」としつつ、「ただ、ヴァンゆんチャンネルは四捨五入して付き合ってるみたいなものじゃないですか。だから僕はもうそこを飛ばしても結婚できるなって思ってるわけですよ」とした。

   登録者250万人突破での「結婚」に向けて、 「227万人突破で結婚式場を押さえる」「228万人突破でYouTuberに電話配信」など登録者の数に応じてさまざまなミッションを設定し、生配信で実施するとした。

   体を張るのではなく「籍を張る」、YouTuber冥利に尽きる企画だと説得されたゆんさんは、混乱しつつ「大人の目が怖い......250万人行ったら、わかりました。断れない状態ですね、わかりました。私こんな形で結婚するのかな」と同意した。

   4時間の生配信は登録者228万人を超えたところで終了し、落ち込んだ雰囲気にゆんさんは「公開処刑みたいになってるのすごく嫌だ」としつつも、「ヴァンビくんだけを責めないでほしいな」と相方を思いやった。

   ヴァンビさんは、「今回この企画をやったのはね、僕的にはもうゆんちゃんと長いことやってる中でやっぱりコンビ以上の気持ちが僕はあるので」と恋心があると説明していた。

   困惑するゆんさんに有無を言わせず進行した企画に対し、動画コメント欄やツイッターなどに「生配信で全世界にこんな恥ずかしい思いさせられて ゆんちゃんがかわいそう」「ヴァンビの暴走やばい。ゆんちゃんも困ってるし」など批判の声が相次いだ。「本当に結婚する日が来たとしても一回でもこういうことあると心の底からおめでとうございますなんて絶対思えない」とする声もある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中