2022年 1月 23日 (日)

「ボカロ」人気再び?大ヒット曲が続々誕生 需要生んだ2つの仕掛け

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年は、VOCALOID(ボーカロイド、通称ボカロ)をはじめとする音声合成ソフトウェアで作曲された楽曲に大きな注目が集まった。ニコニコ動画に「VOCALOID」タグをつけて投稿されたミュージックビデオのうち、11作が年内で100万再生を超えた。

   今年で15周年を迎えた「ニコニコ動画」を運営するドワンゴの栗田穣崇・専務取締役は、ゲームやイベントの影響だという見方を示している。

  • ドワンゴが主催する「The VOCALOID Collection」
    ドワンゴが主催する「The VOCALOID Collection」
  • ドワンゴが主催する「The VOCALOID Collection」

2013年以来の盛り上がり

   ボカロとは、厳密にはヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称を指す。インターネット上では、UTAUやCeVIO含む様々な音声合成ソフトウェアを指す語としても用いられている。こうしたソフトで楽曲を作る人は「ボカロP(プロデューサー)」と呼ばれる。

   2021年にはボカロで制作された多くの楽曲が再生された。ニコニコ動画で「VOCALOID」タグをつけて投稿され、年内に100万再生を達成したのは次の11曲だ。(曲名/投稿者)

ヴァンパイア/ DECO*27
キュートなカノジョ/ syudou
フォニイ/ ツミキ
エンヴィーベイビー/ kanaria
パメラ/須田景凪 バルーン
神っぽいな/ピノキオピー
マーシャル・マキシマイザー/柊マグネタイト
シネマ / Ayase
トンデモワンダーズ/ sasakure.UK
群青讃歌/Eve
限りなく灰色へ/すりぃ

   栗田さんが2021年12月16日にツイッターに投稿した「投稿した年内に100万再生を突破したボカロ曲一覧」によれば、投稿年内に100万再生を達成した曲数が二桁となるのは2013年以来。過去2年はそれぞれ4曲だった。

   なぜ2021年、ボカロが盛り上がったのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中